パチンコ釘の見方~初心者編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パチンコ釘の見方~初心者編

パチンコは釘を見よう

あなたはパチンコを打つ前や打っている間、釘を見ていますか?

釘を見ていないなら、今から見るようにしてほしいと私は思います。

パチンコの釘は難しい?

パチンコで釘を見ない人の中に「釘は難しい」という考え方の人が多いようです。

しかし「釘を見るだけ」なら難しくないので少し練習すれば、誰にでもできます。

別に職人レベルの「釘読み」は必要ないです。

勝つためのレベルに到達するだけなら「釘読み」は必須項目でもないです。

職人レベルの釘読みができたら、リスペクトに値しますけど、私ができないので(笑)

釘を見て回っても当たらないと意味がない?

当たってなんぼみたいな言い方をする人も、多いです。

ですが考えてもみてください。

極端な話、もし千円0回転の台と千円1回転の台があったとしたら、あなたはどっちを打ちますか?

当然千円1回転の台のはずです。

一回も回らないと当たりようがないですから。

だったらどうして千円19回転の台と千円20回転の台があったときに、そこの一回転は妥協できようか?

いや、できない。

より回る台で打つことの喜びをまだあなたが知らないなら、これからぜひ知っていただきたいです。

超簡単な釘の見かた

本題なのに、すごくアホくさい言い方していますけど、釘を見るのは簡単です。

何せ、読む必要ゼロなんですから、マジで。

どの釘を見ればよいか

パチンコ台にすごくいっぱいある釘の、一体どこを見るべきか?

答えは、全部です(笑)

ですが今までに全く釘を見たことない人にいきなりやらせるのは、ほぼ無理です。

なので、今回は扱いません。

めんどくさい言い方ばっかですみませんね。

なので重要度がいちばん高い釘を見ます。

それは、命釘(ヘソ)です。

テストに出るくらい大事です(笑)

命釘は命の釘と言うだけあって、スタートチャッカーのスグ上にあって直接入賞を左右するものなので、決してオーバーな名前ではないです。

なんと有名パチプロの「銀玉親方」が台の選別に最初にチェックするのも命釘です。

どういう風に見るのか

では命釘をどういう風に見ればいいか?

これも簡単です。

広いか、狭いか、だけです。

上げ下げだの回りの釘との兼ね合いだの、いちいち初心者が見てても、実際のところわからないと思いますし、時間がもったいないです。

一台に時間を掛けるより、数多くの台に触れて慣れるほうが最初はいいと思います。

また、目線を釘の高さにに持ってって、いつまでもじろじろ肉眼だけで見てる人をたまに見かけますが、これはあんまりやらないほうがよさそうです。

恥ずかしいからではなくて、さきほど申した通り一台に時間を掛けすぎるのは非効率だからです。

時間を掛けないようにするには、道具を利用するのがいちばんです。

百円ライターなどを使い、直接測ってしまいましょう(笑)

大事なゼニが掛かっているので、なんも恥ずかしくないです。

目で見てわかるならいいのですが、分からないなら分かるようになるまでは道具をバンバン使いましょう!

釘の見かたのまとめ

初心者のうちは、釘を目で見てもわからないので道具を使いましょう。

見るポイントは、初心者の間は命釘の広さだけでいい。

数多くのパチンコ台の釘を見て慣れるように、一台に時間を掛けすぎない。

ですね。

まだあなたが釘を見られていないなら、一度お試しください。

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【「にほんブログ村」掲載中】

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください