パチプロになって困ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パチプロに憧れているけど
まだなれていない、そこのあなた。

本当にそれでいいですか?

普通の仕事にも共通することでしょうけど、
パチプロも”なる前のイメージ”と
”なった後の現実”との落差が
結構大きい職業(?)
です。

だからそこに注意が必要なんですよ。

今回はそのことについて、
お話していきましょう。

パチプロは、社会的地位が最悪

パチプロになって困る、もっとも大きいことが
パチプロの「社会的地位」の悪さにあります。

収入があってもパチプロは
”世間的には無職”なので、
そのことで様々な不利益
を被ります。

借金ができない

借金というと聞こえが悪いようですが、
例えば自家用車を購入するときなどに
ローンを組んだりしますが、
あれも借金の一種です。

ローンとかクレジットというと
聞こえはいいですが、
分かりやすい日本語にすると「借金」です。

で、先ほども言いましたが
パチプロって”世間的に無職”なので
単独では借金が難しい状況にあります。

なので車一台買うにも
”ニコニコ現金払い”じゃないと難しいということです。

さらにもっと大きな金額の
マイホームともなると
フラット35なんて、とんでもない話になります。

信用で”保証人”が付いてくれれば
もしかしたら可能かもしんないですが、
そんな”働いていないことになっている人”の
保証なんて誰だってしたくない
ことは
容易に想像できます。

家族の理解を得にくい

パチプロをしていると周囲の人、
特に同じ屋根の下にいる家族の理解を得るのが
非常に難しい状態になります。

ぶっちゃけ
”嫁さんや子供がいる男性”は
パチプロにはならない方がいいでしょうし、
独身者がパチプロをしていたら
かなり結婚が難しい状況にあるでしょう。

パチプロは”ラクをしている”と思われる

パチプロをしていると
”こいつはラクをしている”と
思われてしまいがちです。

確かに普通に働いている人たちよりは
”人間関係の部分”だけは
ラクにできているとは思います。
(集団行動しているパチプロさんはともかく)

で、パチプロが
”好きなことで食っている”ことは確かにそうですが、
決して”ラクをしている”わけではないです。

状況がいいときはいいですが
状況が悪かったり不ヅキが続いたりしたときには
スグに収支が悪くなっていきますし、
場合によっては
どうして商品化ができたのか分かんないぐらい
”クソツマンナイ機種”を打たないといけないこともあります。

むしろ”やりたくないような方法”で
パチンコをしている時間のほうが、
どちらかというと多いです。

またパチプロの一日のうちの”パチンコに費やす時間”も
”普通に働いている人の勤務時間”よりも
長い傾向にあります。

パチプロが”ラクな商売”だと思っている人には、
一回パチプロをしていただきたい
と思いますね。

パチプロは、実際の収支よりも収入がデカいと思われる

パチンコって、
ひとたび勝つ方法を覚えてしまえば
パチプロに移行しても、
よほど油断しない限り
そこそこの金額を勝つことができます。

とは言っても、
せいぜい月に40万円ないし50万円ぐらいの月収になるパチプロさんが多いでしょうか。

で、実際月に50万円とかパチンコで稼いでみても
感覚的には
「アルバイトに毛が生えた程度の収入」のように感じられます。

しかも”パチプロ事情を知らない人”は
「パチプロはパチンコを打てば、まず勝てる」と
誤解している人が多いように感じます。

でも実際は平打ちのパチプロである限り
よっぽど上手な人でも
3~4回に1回程度の割合で
負けパチンコを記録
しています。

上手じゃない人なら
4割程度は負けています。

だから、あんがい負けているし(笑)

それなのに乞食みたいに
”たかってくる人”がいると
相当ウザいですね。

パチプロは、やっていることが意外に地味

パチプロって
「少ない金額でハマらずに当たってスグに勝って帰る」みたいに
イメージしている人が世の中には多いようですが、
全くそんなことはございません

やっていることは、けっこう地味なことです。

・勝つための考え方を身に付け
・そのための台を探し出し
・より多く勝つための方法で打ち続ける

平打ちのパチプロのすることは
単純化してしまえばそんな感じです。

で、おもしろいツマンナイなど好みに関係なく
期待値が上がる台を打たないといけない
し、
打っている間は展開に関係なく
こまめに”適切な調整”(止め打ち等)を
し続け
ないとなりません。

結局「作業」ですね(笑)

で、それらを”目立たないように”行ったほうがいいでしょう。
パチプロって目立っても、ほとんどいいことないんで。

まとめ

パチプロも
”なる前となった後での印象の違いが大きい”職業(?)といえますね。

比べちゃ何かもしれないですが、
プロスポーツ選手とかもそういうふうになっちゃう人が多いように思います。

なのでパチプロを目指すなら、
「割と地味だし、想定外の連続」くらいに思っといたほうが
火傷しなくて済むんじゃないかな
とおもいますね。

でもまあ、
”好きなこと”で食っているという事実自体は
十分楽しいことは疑いようがない
ですので、
チャレンジするのも面白いかもしれません。

ですがあくまで「自己責任」で
お願いします(笑)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【「にほんブログ村」掲載中】

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください