なぜパチスロではなくパチンコなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私は当ブログで”パチンコ”を推しています。

しかしパチンコ店にはパチスロもあります。

だったらパチスロでもいいだろう、とあなたは思うかもしれないです。

確かにパチスロのスピード感だったり期待値のデカさは魅力的に見えます。

ですが、パチンコのほうが勝ちやすいと私はおもっています

それはどうしてか、説明していきます。

パチンコは見た目でわかる

パチスロは”設定”によって出玉の具合をお店側で調整します。
パチンコは主として”釘”でもって出玉の調整をお店側で試みます。

この二つの違いは何でしょうか?

パチスロの設定は見た目では判断できないです。稼働0ならデータも役に立ちません。
ところがパチンコの釘ならば、見た目で判断することが可能です。

ここにパチンコの優位性があります。

打つ必要のない台を打たないで済むことがパチンコではできます。

パチンコはクセを利用できる

パチンコは”ステージの個体差(デキ)”などが優れている台を利用する作戦を使用できます。
デキがいい”羽根モノ”の狙い撃ちで稼ぐことも可能です。

しかしパチスロにはこの要素がありません

パチンコ台のデキは、ネカセを変えたり台そのものをシャッフルしないと変わらないため(お店にとって面倒な作業です)長く使える要素です。

そういう長く使える要素がパチスロにはないわけです。

パチンコは判別が早い

パチスロの設定差を見極めるには、小役を集めたりテーブルの推移を見たりしないといけないので判別に時間が掛かることも多いです。
少なくとも何千円とか掛かりますし、下手すりゃ諭吉さんが飛んでいます。

この点パチンコならば、例えばデジパチで500円4回転とかならスグにやめることが可能です。

変な台に余計な時間とお金を使わなくて済むことが多い、といえます。

パチンコは朝から打ちやすい

以上のことから、パチンコはパチスロに比べて”朝から打ちやすい”といえます。

朝イチに入店してそのまま打ちやすいのがパチンコです。

”モーニング”や”イベント”をやれた昔ならパチスロもアリだとは思います。
でも今はそれがありません。
(細かいこと言えば”こっそり”やっていたりしますが大々的にはできないです)
設定変更朝イチのうま味も少ないですし。

朝から打つなら、断然パチンコかと思います。

パチンコは技術介入で差をつけやすい

パチスロの技術介入といえば、設定判別とDDT(小役獲得打法)と目押しです。

しかし、先ほど言った通り設定判別には時間が掛かりますし、その時間が無駄にもなりやすいです。
またDDTと目押しについてはパチスロを打つ人は”大体みんなやっている”ので差が付きずらいです。

ですからパチスロでは技術での差を付けずらい、といえます。

一方パチンコはどうでしょう。

”釘”は、ほとんど見る人がいません
”止め打ち”は、もっとする人がいません

だから”それらをするだけで”技術的に差が付くのがパチンコの美味しいところかと思います。

パチンコは勝ち方が一緒

少々乱暴な言い方かもしれませんが”パチンコは勝ち方が一緒”です。
一般的なデジパチならボーダーラインが違うだけで、ほぼ同じやり方が通用します

ところがパチスロはそうはいかないことがあります。
機種によって重要視するべき要素が異なることも多いので”それぞれの知識”が必要不可欠になります。

いろんな機種のことを覚えないといけないのでパチスロはそれだけで大変です。

まとめ

パチスロはパチンコに比べてスピードの速さや、上手く行った時の期待値の大きさが魅力ではあります。

しかし、パチンコのほうがパチスロよりも”差別化をしやすい”ので、その分勝ちやすいのではないか?と私は思います。

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【「にほんブログ村」掲載中】

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

コメント

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください