連れパチの危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

友達や家族と一緒に
パチンコを打ちに行く「連れパチ」は
情報を共有できたり
出玉を共有できたりするので
有利な気がしますが、
それ以上にデメリットが存在
します。

今回はそのことについて
お話してまいりましょう。

連れパチは、フットワークが重くなる

例えば友達と一緒にパチンコに行って、
もし自分だけが帰りたくなっても
友達が連チャン中だから帰れないなんてことが
よく聞かれます。

その逆に、
自分は打ち続けたいのに
友達が帰りたがるなんてこともあります。

同じ車でパチンコ屋さんに行くと、
どうしても
「”誰か”が思い通りに動けない」という
事態に陥ってしまいがち
です。

そうして”帰りたいほう”が
ズルズル打ち続けてしまい、
被害を拡大することになってしまいます。

友達と一緒に打ちにいくにしても、
”同じ車”だけは避けたいものです。

連れパチは、余計な出費が増えやすい

連れパチして、そのうちの”どなたか”が勝つと、
なぜか「反省会」的な、無駄な食事会が発生することがあります。
しかもそれが、異常に豪華なものだったりもします。

そうしますと、余計に出費をしてしまいがちになります。

しかもそれに加えて
「勝った人が、奢る」という風習があると、
お互いに勝ちを食いつぶしてしまいます。

しかもその一団で
”パチンコの実力差が大きい”ようなことがあれば
「上手な人が、損をするシステム」が構築されちゃいます。

これはこれで”楽しいこと”ではありますが、
いろんな意味で度を超してしまうと
パチンコに勝つ観点からすれば、そこから遠のいてしまうでしょうね。
タネ銭が持たなくなりやすいですから。

連れパチの、出玉の共有は有利か?

最近のパチンコのルールは
「出玉共有OK」を採用するパチンコ店が
多くなってきました。

そのため夫婦間で持ち玉をやり取りしているような光景を
よく目にするようになりました。

でもそれって、本当に有利なんでしょうかね?

確かに”持ち玉の条件”で打てるので
そのぶん有利になりますが、
二人いて片方あるいは両方が”下手くそ”ですと
「負けるのが、遅くなるだけ」じゃないかと思います。

しかも
片方の人が上手で、もう一方が下手くその場合は
上手い人の勝ちを下手くそが消化する構図になるので、
何をしているか分からなくなります。

”両方の人が上手”なときには
出玉共有は最強にそのメリットを発揮しますが、
それ以外のケースですと
何しているか分かんない状態になりがちです。

私の意見としては、
”そこのところ”が納得できないような相手となら、
出玉の共有はしないようにする方がいいとは思います。

連れパチすると、状況がバレル

連れパチをすると、どうしても
ほかの”同志”の動向が気になります。

で、だいたい
「あの人が、ああいう感じ」というふうに
ばれています(笑)

まあこのこと自体には問題はないのですが、
”結果、出した人”に集(たか)り奢ってもらおうとするような
「乞食のような人」が
”同志”(?)の中にいると面倒くさい
です。

その乞食が”あっさりタイプ”ならいいですが、
なかにはバイオハザードみたいな乞食も居るので
注意が必要です(笑)

まとめ

「連れパチ」は
出玉の共有ができたり情報の共有ができるなど
メリット面も多いですが、
自分の思い通りに自由に動くことが難しくなるので
私としてはお薦めしないです。

もし行くにしても、
”パチンコの実力”をお互いに認められる人と
ご一緒したいところ
ですね。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。
その応援が、力になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【「にほんブログ村」掲載中】

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください