確率変動中に閉店すると大損します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は
確変中に閉店しちゃうと
大損こく
、というお話です。

大連チャンかまして
確変状態で気分がいいまま
閉店して帰れるのだから、
それでいいじゃないかと思うと
大きな間違いです。

どうして
確変中に閉店すると
大損してしまうのでしょうか?

今回は
確変突入率&継続率50%で
一回の大当り出玉が1500個と仮定して
お話していきます。
また確変は
次回大当りまで続き、
その間の出玉の増減がないものとします。

確変中に期待できること

確変中に期待できることは、
当然のようですが
次回の大当りです。

大当り確率がアップして
次の大当りを引くまでの間、
持ち玉が維持されます。

そして2分の1の確率で
再び確率変動に突入するか
通常図柄で終了するかの
いずれかとなります。

で確変図柄の当たりに対して
期待連チャン回数が3回なので
通常図柄の1回と合わせて考えると、
確変中の”以後の”期待連チャン回数は
2.0回となります。

なので確変中は
さらに3000個の出玉の獲得を
期待できる計算
になります。

確変中に引ききれなかった大当りは、どこにも計上できない

めちゃくちゃ結論から言って、
確変中に閉店を迎えたりして
大当りを取り切れないようなことがあると、
そのぶんは、一生取り戻すことができないもの
なってしまいます。

パチンコって計算式上
通常時回転数を積み重ねないと
仕事量は稼げないですし、
期待値の概念すらない
です。

なので確変中って
期待値上なにも稼げない状態
にあります。

で、確変中に閉店などして
確変中の当たりを取れなかったとしても
出直した時は
通常時回転を現金投資でしないといけないので
確変中の持ち玉遊戯とは異なる状態で
始めないといけない
です。

なので、その時の確変の分が
丸損してしまうことになります。

つまり、確変中に閉店してしまうと。

確変中に閉店してしまうと
上記の計算上、
3000個の玉を損したことになりますので
9000円の損になります。

パチンコって
1日の期待値が良くても3万円程度ですし、
どんなに展開が向いたとしても
1日に稼げる仕事量も5万円程度です。

なので、9000円の損失が
いかに大きいことかということを
意識しないといけないでしょう。

閉店時に確変を残さないために

閉店を確変状態で迎えると
大損してしまうので、
そうならないように
私たちは工夫する必要があります。

最近の機種は
大昔と比べて
連チャン消化スピードが
早い傾向にあるとはいえ、
閉店の1時間前には
”持ち玉であっても”稼働を終了するべきでしょう。

閉店90分前の稼働終了でも
早くないでしょう。

パチンコの期待時給は
優秀台でも
1500円から、
どんなに良くても
3000円程度でしょうから
”確変残しの9000円損”を考えたら
別に最後の1時間くらい
どうということはないです。

むしろ
「確変を残してしまうかもしれない」と
不安に感じながら打ち続けるより、
早く帰ってしまった方が
精神的にも安定しますし(笑)

まとめ

閉店時間を
確変状態で迎えてしまうと、
めちゃくちゃ損します。

なのでそうならないためにも
閉店時間の1時間前には
稼働を終了しておきたい
ところです。

それでも確変が残ってしまうこともありますが、
ものすごく少ないでしょうし
その時はしょうがないでしょう。

でも、
それすら嫌なら
さらに稼働終了時間を
早めてもいいでしょうね。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【「にほんブログ村」掲載中】

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください