パチプロのパチンコだけの月収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パチプロの月収って、どの程度だと思われているんでしょうね?

私が一般パチンカーでパチプロに憧れていたころは、
雑誌とかのすごいパチプロさんや”もどき”(笑)の人たちを見て
「勝てるようになれば、月100万円ぐらい行けそうじゃね?」
なんてしょうもないこと考えてみたりしていました。

でも実際、どうなんでしょうね?

今回はそんなは話をしていきましょう。

収支別パチプロ、的な感じで行きます。

月収20万円のパチプロ

パチプロで月収20万円程度なら比較的容易です。
パチンコの勝ち方を知っていて、平日のみの稼働でコンスタントにボーダー超えの台にありつければ到達できる数字です。

ただこれですと、日当1万円ないし2万円くらいの台ばかり打つようになりますから”偏り次第で月ベースでマイナス”なんてこともありうるレベルです。

慣らして月20万円でも月によっては5万だったり30万だったりしてチョットおっかない雰囲気が付きまといます。
不安定でカツカツですから。

私の感覚的には月30万円程度以下の収支ならば、パチプロは社会的地位の低さがあるのでパチプロをしない方がいいと思います。
でもどうしてもパチプロしたいなら、止めはしないです。
「パチンコで生活している」という充実感だけは体験できますので。

月収40万円のパチプロ

月収40万円はパチンコの勝ち方を理解していて、しかも”それなりの台”を見つける技術が身に付けば到達できうるレベルです。

例えば釘が得意でなくとも一応見ることができて、でもその分止め打ちがチョット得意かな、て程度でも行けます。

当然ですが、目の前の稼働中の台のクオリティをある程度正確に判断しないといけませんが。

ま、月収40万レベルなら私でもなれたので頑張れば誰でも到達できるレベルでしょう。

このレベルになれば収支が少ないときに稼働でカバーできるようになりますし、収支的にも”少なくて20万ぐらい”になるので安定感が少し付いてきます。

月収60万円のパチプロ

月収40万円レベルのパチプロの技術が洗練されてきてミスが少なくなってきますと、平日のみで60万コースが見えてきます。

日当3万円レベルの台をコンスタントに発見して正しく打つことができるので土日祝日休んでもそれなりに稼ぐことができましょう。

40万の人が土日からめて60万とかも行けるかと思いますが体力的にも時間的にも厳しいのでしっかり休みを取ってパフォーマンスの向上に努めたり技術を追及したり下見を行うほうが収支の底上げが図れていいように思います。

月収100万円のパチプロ

平均月収100万円をパチプロとしてパチンコのみで稼げたらいいなんて思いますが現在のパチンコ状況ですと現実的には厳しいでしょう。
そういう人も、いるとは思いますが。

平日のみですと日当5万円レベルの台を見つけ続けないといけないので、まず無理です。
何かしら自分で攻略法を見つけるくらいでないと到達できないレベルです。

じゃあそれならと稼働を増やして休みなくパチンコをしても、常に日当3万5000円くらいの台を打ち続ける必要がありますから、こちらも相当厳しいです。

釘・止め打ち・ストローク・状況判断・台探し等々、どこかの分野で苦手があったら全然無理じゃないかと思います。
瞬間的に月100万行くことはあっても。

まとめ

夢を壊すような話になってしまいますがパチプロって、なってみれば分かりますが思ったほど稼げないです(笑)

パチプロになってから「こんなはずじゃなかった」ってなるよりも、いいとは思いますが。
夢をぶち壊してすいません。

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【「にほんブログ村」掲載中】

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に掲載中です。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
いつもクリック応援ありがとうございます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください