パチンコ店選定

パチンコに勝てないときにすべきこと

パチンコに勝てないときって
イカサマなしの平打ちの場合
余程の高回転率でもない限り
必ず負けることがあります。

まあ負けるといっても
計算上日当が出るような
”きちんとした台”を打てているならまだいいですが、
負けているうえに
回収台と思われる台ばかり打ってしまい
優秀台が見つからないまま
ズルズルと負けてしまう
のは
避けたいところです。

でもなぜか負けてるときって
負のスパイラルに
陥りがちなので
そこには気を付けないといけないでしょう。

で、そういった
調子が悪いときには
”今まで通り”に打っていても
結果の改善が難しいことが多い
ので
少しやり方を変えてみたり
場合によっては思い切ったことを
してみる必要があるでしょう。

今回は、そういったお話です。

打ち方を変えてみる

パチンコが調子悪いときに
まず試しておきたいのが
”打ち方を変えてみる”ということです。

今までと同じ台を打ちつつ
ストロークを変えてみたり
止め打ちの方法を変化させてみたりして、
目の前にあるパチンコ台の能力を
最大化
できないか試してみましょう。

そうしてみると
意外なことで回ったりすることも
あったりするので、
それで”不調脱出”できれば
しめたものです。

機種を変えてみる

いつも打っていた
”得意機種”と思っていた機種を
不調のついでに手放してみることも
パチンコの調子が悪いときには
有効になりうる手段です。

今まで触ったことのない機種や
しばらく触っていない機種を
試してみるチャンスだろうと
色々試してみることを
推奨します。

そうしてみると
今まで”食わず嫌いだった”だけで
意外に打ちやすい機種を発見したり、
意外に勝ちやすい状況に出くわす
ことも
少なくないでしょう。

こういうことでも
パチンコの不調を脱出できたりします。

店舗を変えてみる

パチンコが調子悪いときには、
(機種変更と同じ意味合いで)
行くパチンコ店を変えてみるのもいいかもしんないですね。

その時に重要になってくるのは
”今まで見向きもしなかったパチンコ店”も
偏見なしに試してみることです。

そうすることで
以前は”使えなかった店”も
優良店に変わっていたりします
し、
今まで”行っていなかったお店”が
意外に使える店だったりしたり
します。

そのような発見を
することができたりします。

割と大きい魚が釣れるのが
この方法ですね。

ついでに
”今迄に行ったことがないエリア”のパチンコ店も
チェックしてみると
さらに大きな収穫に出会えたりするでしょう。

で、結局
「今まで打っていたお店が一番だった」としても、
その後の”今迄のパチンコ店”に対する印象を
再認識したりすることができる
ので、
これはかなりおススメの方法です。

番外編”パチンコを休む”

パチンコを打たないと
時間がもったいないような気がしますが、
パチンコが調子悪くてどうしようもないときは
思い切ってパチンコを休んでしまうことも
有効な作戦のひとつ
です。

パチンコを休んで
スポーツしてみたり
マッサージ等を受けてリフレッシュしたりすることも
時には必要じゃないかと思います。

まあ、この場合
”休み過ぎ”には
注意が必要
ですが(笑)

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。

「パ」が点かないパチンコ店おかわり

こんにちは。

以前に私が
「『パ』が点かないパチンコ店」
夜になって電飾が点灯したのに
「パ」だけ点かない残念なパチンコ店があった、という
お話をしましたが、
それについて耳寄りな(?)情報を入手したので
今回お話します。

パチンコ店の夜間の電飾は
まるでイルミネーションのように
きらびやかに点滅していたりしますが、
どこかの電気が切れていると
少し”間抜け”に見えますし、
切れているのが「パ」だけだったりすると
もっと間抜けに見えるうえに
”恥ずかしい”パチンコ店に見えますね。

いやーん(笑)

そもそも「パ」の文字は、切れやすかった

今じゃLEDという
切れにくい上に省エネルギーの
素敵な照明があります。

ですが昔は
ネオン管や
普通の電球だったりしたわけです。

で、文字を表すところって
どうしても曲線を使用する関係上、
ネオン管を使用している
パチンコ店がほとんどでした。

まあ、電球で
文字を表したりしたら
”ドット”感が際立ちますし
読みにくいでしょうが。

「パ」だけが切れやすいという理由が
まさにここにありました。

ネオン管を文字の形にするときに
枠のようなものでネオン管を囲うのですが、
どうしても「パ」の
右上の”〇”のところのネオン管が
構造上、枠に接近しすぎてしまう
ようです。

枠に接近しすぎる構造になると、
ネオン感がショートしやすくなるようになってしまうので、
「パ」の部分でショートしてしまいます。

それでショートをおこした回路が
「パ」の文字表示を司っていて
「チ」などには直接影響を及ぼさないため、
「パ」だけが消えた
間抜けすぎて恥ずかしい
パチンコ店の電飾看板が
完成
(?)するというわけです。

ネオン管以外の照明器具では、起こりにくい現象です

電球を使用したり
LEDの照明ですと
「パ」”だけ”が点かなくなる、ということは
起こりにくいようです。

そして最近じゃ
LED照明が普及しつつあり、
省エネできるし長持ちするという観点から
企業を中心に採用が進んでいまして、
パチンコ店も例外じゃないです。

なので今後は
「パ」だけが点かないパチンコ店は
ドンドン減っていく
ことでしょう。

本当はいいことなんでしょうが、
少し残念な気もします(笑)

まとめ

今回のお話は
Yサンという方から
「テレビでやったいたよ」といって
人聞きに私が聞いたお話をそのまんまお話して
検証していないので、
あくまで”ひとつの説”といえます。

この情報を使用することは自由ですが、
あんまし”知ったかこいて”話すほど
いい話でもない
でしょう。

若干下品なお話ですし(笑)

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。

パチンコ店選びのキモ

パチンコに勝つためには
技術だったり
お店や機種・台選びが
勝つための方法論に沿って
整合性が取れていないといけません。

つまりパチンコに対する要素が
ちぐはぐになっていては
勝てるものも勝てないものに
なってしまいます。

なのでパチンコに勝つためには
「勝てる考え方」を身に付けて
それに沿った稼働方法で
パチンコをしていく必要があります。

で、実際に打ったときにも
勝てる方法に沿った打ち方ができているか、
そこにフォーカスして
次に活かしていくと
自分自身のパチンコが
ドンドン勝ちやすくなっていきます。

なのでパチンコに勝つために最も重要な要素が
「考え方」になります。

なので私のお話も
「考え方」のついてのものが多くなってしまいます。

まあ聞いているあなたは
つまんねーかもしんないけど(笑)

で、次に重要な要素が
「パチンコ店選び」になります。

「パチンコ店選び」が、どうしてそんなに重要なのか?

パチンコで勝つためには
釘・止め打ちなどの技術も必要ですし、
台選びも重要になります。

ですがそれ以上に
パチンコ店選びが
重要になってきます。

それはどうしてか?

それは例えば
Aというパチンコ店に行って
稼働するとなったときにその時点で
”打つ台がA店の台”に限られてしまうからです。

で、そこのお店に
打ちたい台がなかったり
期待値がプラスになる台が1台もなければ、
その時点で”ゲームオーバー”確定であります。
(まあ、そんなことはまずないですが)

なのでパチンコ店選びって
ほかの要素よりも
かなり重要な要素になるわけです。

繁盛店に行けばよいのか?

一番多いようなタイプが
”ほかにもお客さんが多い”
繁盛しているパチンコ店を選択して
打っている人たちです。

で、一般的なお店の
飲食店や洋品店のようなお店ですと
”お客さんは正直”なので
大勢に従えばいいことが多い
のですが、
(ほかの人が美味しいラーメン屋さんは美味しい)
パチンコ店選びに限って言えば
大勢に従うことが”むしろ良くない”結果

どちらかというとなりやすいでしょう。

何でかってと、
パチンコの場合は
ほとんどの人が負けている、という
現実があるので
”多くの人がしていること”をしていると
平凡に過ぎないので
同じように
平凡に負ける結果になりやすいです。

普通の人が
普通にしている方法でやって、
パチンコに勝てるのなら
”そんなにラクなこと”はないですし、
万が一それでみんな勝つ結果になれば
パチンコ店なぞ即刻つぶれます。

また繁盛店は
仮に優秀台があったとしても、
台確保も難しければ
台移動も上手く行かないことが多いので
よっぽどうまいこと
台の確保をし続けないと
安定して収支をあげることが
難しいでしょう。

繁盛しているパチンコ店で
移動する台がないから
しゃーなく今の大したことない台に、
しかも展開もない台に
投資し続けた~
なんてことがないでしょうか?

そういうときって
たいてい大負けこきますよね。

近いパチンコ店で済まそうとすると失敗しやすい

繁盛店に従うような打ち方が上手く行かないのは
何となくお分かりいただいたでしょうか?

で、次に多い属性が
自宅から近いパチンコ店”だけ”で
稼働しているパチンカーさんです。

自宅近くの通いやすいパチンコ店に絞ると
どうしていけないのか?

理由は簡単です。

パチンコに勝つために
パチンコ店選びが重要な要素なのに
近所のパチンコ店だけに”限定”してしまうと
それだけ選択肢が狭まってしまいます。

で、選択肢が
せまければ狭いほど
パチンコって不利になりやすいです。

特に
私が住んでいるような”田舎”の地域ですと
”しょうもない”パチンコ店が多く点在しているので
優秀台が極端に少なく
優良店なんて”あっても一軒”ですし
まあ勝ちにくいですね(汗)

まあ昔でしたら
パチプロの安田一彦さんのように
「ジグマ」として
1店舗のみの稼働で
収支をあげることができたりしましたが
今日び”そんな素晴らしいパチ屋”は
ほぼほぼないでしょうし、
あったにしても
安田プロレベルかそれ以上の実力がないと
厳しい
でしょうね。

なので私のように平凡なパチンカーほど
たくさんのパチンコ店を見て回ることが
大事になってきます。

自分にとって優秀であればよい

そうしてたくさんの
パチンコ店を見て回って
あるいは稼働しているうちに、
自分にとって都合のよい
パチンコ店
が見つかりましょう。

設置機種がマニアックすぎたり
たたずまいが古すぎたり
交通の便が悪い立地条件だったりする。

でも個人的には
”簡単に”優秀台にありつける。

が、失礼ながら
お客さんは多いとはお世辞にも言えない。

そんなパチンコ店を見つけられれば
とても美味しい思いができます。

並ぶことなく
打てる台を確保できるようになります。

まとめ

パチンコで勝つためには
台選びや小手先の技術も重要ですが、
それ以前にパチンコ店選びが重要になります。

パチンコ店選びで重視すべきは、
・ほかの人の言動にいたずらに流されず
・自分にとって優秀台を確保しやすい

ということにフォーカスすべきです。

そうして個人的に優秀台を確保しやすい
個人的な優良パチンコ店を見つけることができれば、
安心して稼働することができて
収支が安定してくることでしょう。

そのためには偏見を持たずに
たくさんのパチンコ店を見て回ることが
必要になってくるでしょう。

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。

「パ」が点かないパチンコ店

夜になるとパチンコ店は、
まるで繁華街のように
きらびやかな電飾で彩られます。

クリスマスの時期に
全国そこかしこで
イルミネーションがあって
人気になっている
ことを考えると、
我々って
”ビカビカしたもの”が
好きなのかもしんない
ですね。

確かに暗闇の中に
何かしらの光があると
気になってしまうのは
「本能」なのかもしんないです。

で、何の話かというと
パチンコ店の電飾で
整備不良があって(?)
「パ」の部分だけ点いていないような
パチンコ店を見つけると笑ってしまいます
が、
実際そういったパチンコ店って
勝ちやすいのかどうかを
考えてみましょう。

茨城県鹿島郡神栖町「パチンコワールド」

私が純粋だった中坊のときは
卓球部に在籍していたのですが、
卓球部の試合では
よく茨城県鹿島郡神栖市に
お邪魔していました。

現在の神栖市、ですね。

当時はまだ、
ソウルオリンピックに
卓球が採用されたばっかしの時期で、
現在のように
メジャーなスポーツではなかったですね。

で、卓球の試合で
神栖から帰るのが遅くなったときに
「パチンコワールド」の前を通ると
電気が点いていたのですが、
「パ」の部分だけが
点いていませんでした。

当時中学生だった
私たちはバカうけ
しましたね(笑)

今でも
「うんこ漢字ドリル」とか
ヒットしているので、
”そういうワード”は
子供たちにとって
鉄板のワードかもしんないですね。

余談ですが、その当時は
波崎二中が強かったように
記憶しています。

石川県羽咋(はくい)「〇玉」

私が仕事の都合で
石川県を訪れていたときに、
羽咋郡だか羽咋市に
「〇玉」というパチンコ店がありました。

そのパチ屋は
お客さんも少なかったですし
見るからに怪しい雰囲気でしたが、
夜の時間にはさらにパワーアップ
しました。

「パ」が点いてないのに
「〇玉」って、
超やばくないですか(笑)

まあ、そうはいっても
パッと見の先入観で
パチンコ店の良し悪しを
勝手に決めてしまうのは
いささか危険
ですが、
それにしても、ねえ。

個人的に一回も入店しませんでしたが、
一回ぐらいは入っておくべきでしたね。

石川県はなかなかいいところでしたので、
今度はプライベートで
訪れてみたいところです。

「パ」が点かないパチンコ店の勝ちやすさ

「パ」が点かないパチンコ店で笑うのも一興ですが、
ぶっちゃけ私たちにとって
そのパチンコ店が、
勝ちやすいか否かが
とても重要
になります。

で、先ほど
見た目の先入観で判断しては
いけないふうに言いましたが、
「パ」が点かない状態で
放置しているようなパチンコ店は
勝ちやすくなさそう
ですね。

ま、点いてないのが
「パだけ」に限った
お話ではないですが、
電飾が切れていて直せていないような
そんなパチンコ店に
”お客さんに還元するような”資金力があるとは
考えにくい
と思われます。

なので「パ」が点かないようなパチンコ店は
”そのつもりで”
入店しましょう。

<番外編>「パ」で改行している、岐阜県多治見市パチンコ店「パラダイス」

最後にオマケとして
「パ」で改行しているパチンコ店について
お話していきましょう。

こちらも羽咋のときと同じく
仕事の都合で滞在していた、
夏が暑いことで有名になった
岐阜県多治見市の駅前商店街。

そこに
「パ
チンコ
パラダ
イス」

が、ありました。

ま、看板のスペースの都合上の
改行なのかもですが、
少しばかり”変じゃないか?”と
考えれば済むようなお話
じゃないのかな、と
私は感じました。

で、こちらのパチンコ店は
私も入場しましたが、
両方から出入りできるような
特殊な構造をしていて面白かったものの
勝ちやすいかというと微妙
かな、と
その当時の状況は判断しました。

で、
オリンピック等々で有名な長野県や
日本最大の琵琶湖を有する滋賀県、
トヨタなども誘致している中京工業地帯のメッカの愛知県に囲まれて
地味な印象がある岐阜県ですが、
意外と、相当いいところ
でした。

まあ岐阜県北のほうには
私は訪れていないですが
「白川郷」や「下呂温泉」があって、
もらわないように気をつけないといけないですが、
やはりもう一度”プライベートで”
訪れてみたい場所のひとつとなっています。

まとめ

「パ」に限らず、
電飾が点いていない状態で
放置して営業しているようなパチンコ店は、
”お客さんに還元する”資金力に乏しいことが
容易に推測される
ので、
我々としても”そのつもりで”
対処する必要があるかと思います。

ま、見た目に反して
優秀なパチンコ店もあるにはある
ので
一概には言えないところですが、
まあ大体、今のところは
当てはまっている現実があります。

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。