パチンコ台選定

パチンコに勝てないときにすべきこと

パチンコに勝てないときって
イカサマなしの平打ちの場合
余程の高回転率でもない限り
必ず負けることがあります。

まあ負けるといっても
計算上日当が出るような
”きちんとした台”を打てているならまだいいですが、
負けているうえに
回収台と思われる台ばかり打ってしまい
優秀台が見つからないまま
ズルズルと負けてしまう
のは
避けたいところです。

でもなぜか負けてるときって
負のスパイラルに
陥りがちなので
そこには気を付けないといけないでしょう。

で、そういった
調子が悪いときには
”今まで通り”に打っていても
結果の改善が難しいことが多い
ので
少しやり方を変えてみたり
場合によっては思い切ったことを
してみる必要があるでしょう。

今回は、そういったお話です。

打ち方を変えてみる

パチンコが調子悪いときに
まず試しておきたいのが
”打ち方を変えてみる”ということです。

今までと同じ台を打ちつつ
ストロークを変えてみたり
止め打ちの方法を変化させてみたりして、
目の前にあるパチンコ台の能力を
最大化
できないか試してみましょう。

そうしてみると
意外なことで回ったりすることも
あったりするので、
それで”不調脱出”できれば
しめたものです。

機種を変えてみる

いつも打っていた
”得意機種”と思っていた機種を
不調のついでに手放してみることも
パチンコの調子が悪いときには
有効になりうる手段です。

今まで触ったことのない機種や
しばらく触っていない機種を
試してみるチャンスだろうと
色々試してみることを
推奨します。

そうしてみると
今まで”食わず嫌いだった”だけで
意外に打ちやすい機種を発見したり、
意外に勝ちやすい状況に出くわす
ことも
少なくないでしょう。

こういうことでも
パチンコの不調を脱出できたりします。

店舗を変えてみる

パチンコが調子悪いときには、
(機種変更と同じ意味合いで)
行くパチンコ店を変えてみるのもいいかもしんないですね。

その時に重要になってくるのは
”今まで見向きもしなかったパチンコ店”も
偏見なしに試してみることです。

そうすることで
以前は”使えなかった店”も
優良店に変わっていたりします
し、
今まで”行っていなかったお店”が
意外に使える店だったりしたり
します。

そのような発見を
することができたりします。

割と大きい魚が釣れるのが
この方法ですね。

ついでに
”今迄に行ったことがないエリア”のパチンコ店も
チェックしてみると
さらに大きな収穫に出会えたりするでしょう。

で、結局
「今まで打っていたお店が一番だった」としても、
その後の”今迄のパチンコ店”に対する印象を
再認識したりすることができる
ので、
これはかなりおススメの方法です。

番外編”パチンコを休む”

パチンコを打たないと
時間がもったいないような気がしますが、
パチンコが調子悪くてどうしようもないときは
思い切ってパチンコを休んでしまうことも
有効な作戦のひとつ
です。

パチンコを休んで
スポーツしてみたり
マッサージ等を受けてリフレッシュしたりすることも
時には必要じゃないかと思います。

まあ、この場合
”休み過ぎ”には
注意が必要
ですが(笑)

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。

パチンコに勝てないのには、主に2通りの原因があります

今回は
「パチンコに勝てないのには2通り、原因があります」というお話です。

そもそもパチンコに負けてしまうのは
どうしてでしょうか?

・当たらないから、勝てない
・パチンコ店も商売なので、お客は負ける
・遠隔されるから、どうせ勝てない

…なんて思っていたら危険です。
パチンコをやめましょう(笑)

いつヤメル?
今でしょ!
、なんちゃって。

しかしま、このぐらいで
パチンコをやめてしまうような人は
ここで私のお話を
聞いていないでしょうけどね。

で、本題。
パチンコに勝てない原因は
どこにあるのかを
突き詰めていきましょう。

確かに
優秀台を
きちんとした打ち方で打っても
負けることはあります。

ですが、
・負けが3回続いたり
・5回稼働してトータルマイナス収支

なんていうときには
”必ず”負けうる原因があるので、
「勝てないよ」という人は特に
最後までお話を聞いていただければと思います。

そもそも優秀台に座れていない

・「回っても当たらなければ勝てない」と
本気で思っている残念な人。
・「回れば勝てる」と知っているものの
回る台に座る頻度が少ない人。
・「回っている台を打っている」といいつつも
出玉が削られているので、
結果回転率がボーダーを下回っている人。

上記のいずれかに該当するだけで、
パチンコって余裕で負けることができます(笑)

もちろん遠隔思考なんて論外です。
パチンコ店が遠隔操作をしていると思うのなら、
打たないのが普通でしょう。

で、パチンコに勝つための
基本中の基本は
「回る台をたくさん打つこと」
ですので、
そこを外したら一切勝てないでしょう。

回っていない台を打って
一発だったり短期間の間では
プラスになることはあっても、
長期的に見た場合(回らない台を打つ行為は)
必ず負けになります。

じゃあ回る台って
一体なんじゃ?と
もう一度復習してみましょう。

回る台とは
”回転率”が”ボーダーライン”を超える台のこと、
回る台を打つ、とは
ボーダーを超える稼働をすること、です。

しかも回る台を打つ頻度が
3回の稼働に対して2回でも
少ない、と認識したほうがいいでしょう。

3回稼働して
そのうちの1回の稼働が
「クソ」だったら、
ほかの2回の”いい稼働”が
台無しになると
肝に銘じておきましょう。

持ち玉を打てていない

パチンコに勝つために必要な要素のもうひとつが
「持ち玉を有効に使う」
という行為です。

持ち玉を打ち込んで
その範囲で当たらずに全ツッパとなったときに
換金できないからもったいない、という
素人の考え方があって
それがさも正しいかのようにまかり通っていますが、
そんなことはないです。

持ち玉を打つことで
現金投資のときよりも安く回せますし、
持ち玉遊戯の最中は
財布の中の実弾(現金)が直接減ることはないです。

しかも回る台で
持ち玉遊戯をすることで
”仕事量”というものが計算上稼げて、
その積み重ねが長期的に見て
(とはいっても多くて通常時10万回転程度ですが)
プラス収支として実収支に反映される
、ということになります。

ですが世の大半の人は
「回る台を5万ないし10万回転回せば勝てますよ」
私が言ったところで、
自分なりのやり方を変えずに
結局私のいうことに耳を貸さずに
回る台を探そうともしないまま
勝手に負け続けるという
悲しい現実がそこら中にあります。

とりあえずでもいいから、
回る台で持ち玉になったら
打ち込む習慣をつける
ことで
勝ちやすい体質になることができます。

まとめ

パチンコに勝てない原因としては、

・そもそも回る台を打てていない
・持ち玉を活用できていない

以上の2つのうち
どちらかがあったときに限られるでしょう。

なので逆に言うと
「回る台で、持ち玉を活用さえできればパチンコには勝てる」ので
そこを目指していくとよいでしょう。

そういう”良い稼働”を積み重ねていくと
遅くとも10万回転ぐらいまでに
確率が勝手に収束するので、
そこで収支が勝手にプラス
になっている、
ということになります。

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。

【パチンコ】遅い機種の攻略

パチンコで「遅い機種」というと、
時間効率の悪い機種のことを言います。

時間効率の悪い機種は
1回転あたりにかかる時間が長くて
単位時間の回転数が少ない機種を言います。

保留3短縮がイマイチだったり
リーチが多めだったり
リーチアクションがしつこかったりします。

コテコテな演出の機種は
時間効率が悪いです。

時間効率の悪い機種といえば
だいぶ昔の話になりますが
西陣さんの「浮世絵」シリーズが
”超”時間効率が悪く遅かったですね。
(なおかつ超つまんなかったですねw)

で、「浮世絵」って
通常時に”たくさん回そうとしても”
1時間に220回転とかしか
回りませんでした。

ちなみに速い機種の代表格の
「海物語」シリーズでは、
”同じ回転率でも”
1時間あたり300回転は
余裕
で回せますので
比較するとかなり違うことが
分かるかと思います。

遅い機種の特徴

遅い機種の特徴は
当然、デジタル消化にかかる時間が多いのですが
その原因としては
”リーチに要する時間が多い”ということになる機種が多いです。

リーチ自体が多かったり
スーパーリーチが長かったり
ノーマルリーチまで長かったりします。

どうせ外れるような
リーチアクションまで
”いつまでも、ダラダラ”と
やっているので、
待つことが嫌いな”私のような人”は
フラストレーションがハンパないです。

リリースされたのが不思議なくらい
演出がツマラナイ機種であったなら
かったるさ全開であります(笑)

で、遅い機種って
回転数を稼げないので
確率の収束に時間が掛かりがちになりますし、
長すぎるリーチアクションのせいで
リズムも狂いがちになり
単独の稼働では安定しにくい特徴があります。

あくまで経験則ですけど(笑)

遅い機種の攻略要素

遅い機種の攻略要素としては
”遅い機種の欠点”ともいえる特徴を
逆手に取る
必要があります。

遅い機種は、じっくりと止め打ちしよう

遅い機種はどんなに頑張っても
たくさんの回転数を稼ぐことは難しいです。

なので遅い機種は
「回転率」にフォーカスして
じっくり止め打ちを行う
ことが
重要になってきます。

こうすることでほかの
”止め打ちしていない人”との
差別化を図ることができますので
それだけで勝ちやすくなることもあります。

またリーチアクション等も長い時間が掛かるので
差別化を大きくすることも簡単にできます。

要するに”止め打ちをするだけで”
回転率や期待値・仕事量を
上げやすい
ということになります。

遅い機種は、締まりにくい

遅い機種は総回転数が上がりにくく
確率が収束しにくい、
つまり”結果を伴いにくい”ので、
パチンコ店側の対応が
遅い
傾向にあります。

もちろん、のっけからの「ク〇台」は
「ク〇台」のまんまですが(笑)
優秀台の残りやすさは
速い機種よりも遅い機種のほうが
期待できます。

なので遅い機種ほど
”長く使える”と
期待することもできます。

まとめ

遅い機種はかったるい機種が多いですが(笑)
そのぶん”止め打ちをするべき機会”が多く
その時間も長いため、
止め打ちをしっかりと行うだけで
パチンコに勝ちやすくなります。

しかも遅い機種は
(速い機種と比べて)
優秀台が残りやすい傾向がありますので
導入時を中心に
積極的に狙うことで
(安定しにくいはずの遅い機種で、逆に)
安定を図ることができます。

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。

【パチンコ】速い機種の攻略

パチンコで「速い機種」というと、
一般的には
時間効率のいい機種のことを言います。

時間効率のいい機種は
1回転あたりにかかる時間が短くて
単位時間の回転数が多くなる機種を言います。

保留3短縮が強力だったり
リーチが少なかったり
リーチアクションが淡白だったりします。

またシンプルな演出の機種も
時間効率がいいです。

時間効率がいい
代表的な機種としては
「海物語」シリーズがあります。
また時間効率がいい
代表的なメーカーとしては
「海物語」シリーズを擁する
三洋物産さんですね。

まあ
三洋物産さんだの
海物語だのといったら
パチンコを攻略するうえで
無視することができないほど
シェアが大きい
ですね。

で、海物語ばっか見飽きただの
横スクロールがいやだの
速い機種は演出が淡泊すぎてツマラナイだの
言う人も多いですが、
(全部昔の私ですw)
速い機種ならではの”いいこと”があるので
選択肢にないのであれば
速い機種を選択肢に入れてみてもいいでしょう。

速い機種は、儲かる

同じ確率で同じボーダーラインの機種で
時間効率”だけ”が違うような二機種があったときに
ボーダーを超えていれば
”より期待値が多い”のが
時間効率のいい方の機種
です。

まあ、ボーダーを下回っているときには
より多く負けることができるのも
時間効率がいい方の機種なので、
「諸刃の剣」なんでしょうけど。

速い機種は、安定しやすい

速い機種は
例えば1日当たりの回転数が稼げるので
確率が遅い機種よりも収束が早く、
”ちゃんとした結果”が出やすいといえます。

ちゃんとした結果が出やすいので
安定しやすいともいえるでしょう。

速い機種の攻略要素

速い機種は
今までお話した通り、
リーチアクションがシンプルだったりして
デジタル消化時間が短いので
総回転数を稼ぎやすいという特徴があります。

総回転数を稼ぎやすいので
確率の収束に至るまでの”期間”を
早めることに期待ができます。

なのでその特徴を活かすように
”サクサク”止め打ちをするのがいいでしょう。

ま、速い機種は速いぶん
”勝手に”サクサク止め打ちをすることになりますが、
意識をそこに向けると
より早く回すことができます。

補足として、保留4止めの活用

速い機種の止め打ちでも
基本的には保留3止めを使用するのが妥当でしょうが、
1000円あたり27回転などの高回転率の台に出くわした場合、
保留4止めで時間効率を最優先したほうが
”時給が上がる”ことも多い
です。

また保留4止めは保留3止めと比べて
止め打ちをする回数がかなり減るので
身体的な負担の軽減にも期待ができます。

デジタル消化もかなり早くできるので
気分的にもいいものがあります。

当然ですがこの場合の過剰入賞(オーバーフロー)は
目をつむりましょう。

もう一つの「速い機種」

速い機種は一般的には
「デジタル消化の速い機種」ですが、
そうではなくても
”出玉スピード”や
”連チャン消化”の速い機種も、
また速い機種といえる
でしょう。

出玉スピードや連チャン消化が速い機種としては
”右打ち消化”の機種が該当しやすいですね。

右打ちによる大当り&連チャン消化ですと
打ち出した玉が”直接”アタッカーに向かう構造になっていますので
大当り等の消化がストレスなく行えます。

ま私の身近にも
「右打ちするのが面倒くさい」などと
意味不明なことをおっしゃっている人がいますが、
”その程度のこと”を面倒がっているようでは
パチンコにきちんと勝つことは
まず無理でしょうね。

で、話がそれましたが
”出玉関係”が速い機種としては
初代の「牙狼」や「AKB」あたりが
スペックも甘くてよかった
ですね。

初代「牙狼」の
スペックが甘いということに
違和感がある人もいるかもしんないです。

「牙狼」は確かに初当たりに関して
厳しい部分はあって
投資金額が嵩むので大変に思うかもしんないです。

しかしいったん持ち玉遊戯になってしまうと
ボーダーラインが”急降下”しますので
ものすごく楽な戦いになっていました。

確かにハマりはきついですが、
そこから逃げて”即換金”なんてことをしていると
勝てないですし、
”牙狼の一番おいしいところ”を
いただかないで終わってしまいます。

まあ「牙狼」に限ったお話ではないですが、
初当たりが厳しくて
連チャンが強力な機種には、
実は甘い部分がある
ということが
けっこう見受けられます。

まとめ

”速い機種”は
回転数を増やすことに意識を向けると
もっと多く回すこと
ができます。

もっと多く回すことができれば
確率収束までの期間を短縮することが
期待できます。

早く結果を求めたい人には
速い機種はお薦めとなります。

私個人的にも
速い機種は好きですね。

それでは、
楽しいパチンコライフを
お楽しみください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。
(クリックで「にほんブログ村」に移動します)

「にほんブログ村」には
「パチンコめし」のほかにも、たくさんの素敵な
”パチンコに関するブログ”が
掲載されています。