2017年 11月 の投稿一覧

借金パチンコ

不躾ですが
あなたは今、借金がありますか?

私は今
そこそこ借金を抱えています(笑)

笑わないと
シャレにならないので
笑っておきますが。

で、
パチンコをしていると
借金と近しいところに
行きがち
に感じるので
”パチンコを打っている人が
借金とどう関わるべきか”について
今回は私なりの考え方を
お話していきたいと思います。

私には300万円の借金がありました

偉そうな話をしながら
こんなことを言うのもなんですが、
私には以前
300万円ほどの借金がありました。

バカみたいに
外食ばかりしていて、
キャッシュフローが
パンクしていました。

そして
「どういうものかな」というだけで
無人受付機に侵入した私は
そのまま借金の契約をしていました。

そうこうしているうちに
その契約件数は
増えていきました。

自慢になりませんが
テレビCMでおなじみの
超有名消費者金融は
ほぼコンプリートして、
そのほかにも
クレジットカードの支払いを
踏み倒していたので
それらを合わせると
300万円ほどの借金になっていました。

当時の私の年収が
手取りで240万円ほどでしたので
どうしようもない状態でしょうね。

当然クレジットカードは停止し、
給料から生活費を引いた分を
全ツッパしても
”ほとんど利息”しか
返していない
ような感じでした。

裁判所から分厚い封筒が

借金がどうしようもないような気がして私は、
止まったり繋がったりしている
携帯電話に毎日のように
金融会社から電話が掛かってくる
だけでなく、
当時勤めている会社にも
私宛に電話が掛かってきているのも
ほぼシカトしていました。
(よい子は真似しないでね)

消費者金融の利息”だけ”を
返済している状態で、
クレジットカードについては
手つかずの状態でしたので
すでにカードは
停止していました。

で、その
クレジット会社から
あるとき裁判所を通しての
”分厚い封筒”

届きました。

その封筒は
”裁判所”の文字が
表面に明記されているし
異様に分厚いので、
素人目に見ても
「ヤバい」ことが
すぐに分かる雰囲気の
封筒
でした。

見ないで済むなら
一生見ないほうがいい、
そんな封筒
でした(笑)

笑っている場合じゃないが。

当然すでに
どうしようもない状況でしたので
親に間に入ってもらい、
一応ギリギリのところで
”差し押さえ的なもの”は
免れました。

まあ債権者側としても
”面倒くさい”手続きを伴って
”嫌がられて”差し押さえるよりも、
本人の意志で支払ってもらった方が
いい
でしょうから
当然なのかもしんないですが。
(もちろんよい子は真似しないでね)

借金返済計画

そこから私の
借金返済計画が始まりました。

もちろんいっぱいいっぱいで
クレジットカードが
停止している状態でしたので、
ガソリン代や電話代等々を支払った残りを
全て借金返済に充てていたように思います。

多分そうだったのですが、
あまりにも必死だったので
記憶にない
くらいです。

ただ、
借金をするのに要した時間が
3年弱、
借金返済に要した時間が
5年ほどかかった
ので、
いかに借金返済をするのが
容易でないかは
分かるかなと思います。

まあ記憶がないんですが、
そうして人生における重要な
「私の二十代」は
無くなってしまいました。

クレジットカードが通った

忌まわしき
自業自得の
借金を返済してしばらくして、
某ガソリンスタンドで
「どうせ通らないだろう」と思いながら
クレジットカードの申込用紙に
記入したら、
審査に通りやがりました(笑)

で、せっかくなんで
そのカードは使うことにしました。

今でもそのカードは
大切に使用しています。

ちなみに私の年収が減ったせいで
最初のときよりも今では
限度額が減っています
が、
まあそこは仕方がないところです。

過払い金請求

いつのことだったか、
キャッシングの金利の
”出資法”の上限と
”利息制限法”の上限の間の
いわゆる「グレーゾーン金利」
法的なメスが入りだして
「過払い金」として
”払い過ぎた利息”を
取り戻せるようになりました。

過払い金の専門家としては
”弁護士”と”司法書士”の先生

該当するようで、
紹介してもらった
司法書士の先生に
対応してもらいました。

ぶっちゃけ
その司法書士の先生の対応に
少しの不満はありましたが、
過払い金から”手数料”を引いた金額として
14万円ほどの金額が
戻ってきました。

ちなみに、そん時の司法書士の先生の
不満点といえば、
アイ〇ルに関する過払い金の請求の
費用対効果が良くないとして
行われなかったことや、
報酬に関しての説明が
口頭と書面で異なっているような雰囲気だったことですね。

ま、今となっては
どうでもいいことですが、
会社更生だかなんかしていた
武〇士については
対応しておけばよかった
というのが
反省点ではあります。

まああの会社、
テレビCMで
踊っている場合じゃなかった
のは
間違いないですね(笑)

スポンサーサイト
借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」

(クリックで別サイトに移動します)

アイルビーバック

借金問題にこうして
めどが立ってきたころに
久しぶりにパチンコをしたくなった私(バカ)は、
(まだ借金が残っていたのに)
パチンコ店に行きました。

もちろんよい子は
真似してはいけないでしょうね。

その時に出くわしたのが
「パチンコ勝」という
とても優秀な雑誌と
「CR帰ってきた黄門ちゃまJ]という
優れた機種
でした。

黄門ちゃまについては
「『CR帰ってきた黄門ちゃまJ』(平和)が、私にもたらしたもの」
でもお話しているので、
そこもご覧いただきたいです。

で、当然のように
「病気」な私は
そこからパチンコに
再び傾倒
していきました。

借金完済!で思ったこと

当時出会った
「パチンコ勝」が
優秀な雑誌でしたので、
私はパチンコに
勝てるようになりました。

なのでそのおかげで
借金も順調に
減っていく運びとなりました。

そん時にもし私が
”谷村ひ〇し信者”になっていたら、
またしても借金が増えていたんじゃないかと思うと
私は運が良かった

のでしょうね。

ただ、私の借金の原因は
パチンコではないものの
間接的には”パチンコを絡めた”ような
借金でしたし、
返済に当たっても
パチンコを利用していたので
かなりヤバい方法を
使用していたんだなあ、と
当時を振り返って
今思います。

なので
今パチンコをしている
私を含めた人間は
借金に対して
”慎重に”接しないと
とんでもないことに
なりかねないでしょう。

ご利用は、計画的に。
(笑)

ま、
計画的に利用できる人が、
高利子のフリーローンなんて
利用しないはず
なんですがね(笑)

なのでパチンコをしている人は特に、
フリーローンを使用しないように
よくよく注意しないと
ダメでしょうね。

まとめ

パチンコをしている人は、
多少なりとも
借金と近しいところにいると
私は感じています。

確かに借金をするのは
意外に簡単ですが、
返済することは容易ではないし
完済するのはさらに大変
です。

なので特に、
「フリーローン」の類は
手を出さない方が賢明です。

現在の私のお話に
耳を傾けてくださるような優秀なあなたには
釈迦に説教ですが、
老婆心ながら柄にもなく
今回まじめ風なお話でしたが、
ご清聴ありがとうございました。

では、楽しいパチンコライフを
お過ごしください。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

パチンコで車が買えるお話

パチンコに勝てるようになるだけで
車が買えるようになる、というお話を
今回はしていこうと思います。

あなたが今、
もしパチンコで
毎月のお小遣いを
消耗しているようなら
今すぐに
”プラマイゼロ”に持っていくだけで
一年後には中古車が
購入できる
でしょう。

毎月の、
自分が自由に使える
お小遣いが
月3万円だったとしても
年間で36万円も
負けていることになるので、
”そこそこ以上の”
中古車が購入できるでしょう。

パチンコに勝てれば、新車も購入できます

もし今あなたが
月3万円ペースでパチンコに負けていたのが
月5万円ペースをパチンコで勝てるようになれば、
36万円プラス60万円で
年間96万円のお金を
余計に使える計算なので、
そうすれば
新車購入も可能でしょうね。

月5万円ペースをパチンコで勝つことは
時間的な拘束がそんなになくても可能ですし、
時間的な拘束をいとわないようなら
年間100万円のプラス収支もできますし
月10万円ほどの勝ち(年間120万円)も
射程範囲内です。

こうなってくると
自らの経済面が
全然違ってきますので、
一度”パチンコで車を買う経験”を
あなたにもぜひ体感していただきたいものです。

ベンツ小林

パチプロは当然ながら
パチンコの収入で生活しているので、
パチンコに勝ったお金で
自分の車を購入しています。

その中でも
パチンコに勝ってそのお金で
高級車の代名詞ともいえる
”ベンツ”を購入することを実現して
一躍有名になった
ベンツ小林さんは
やはりすごいですね。

あなたに想像してもらいたいのですが、
パチンコでベンツを買うって
イメージできますか?

もしイメージできたにしても
実現するには”どんだけ大変か”が
分かることと思います。

これは余談になりますが、
ベンツさんは
後に会社を立ち上げたりもしているので
相当凄い人だと思います。

かくいう私は

かくいう私も
当然ながら
(中古車ですが)
パチンコの収入で
車を購入しました。

まあ、大したことない
ワンボックスカー
ですが、
それでも購入したときには
”妙な達成感”がありました。

私程度の知識や技術でも
年間収支500万円程度なら
パチンコで到達可能でしょうが、
その程度ですと
まず”ベンツ”は無理ですね(笑)

後になって思ったことですが、
パチンコで車を買う行為って
全然大したことないです。

まとめ

もし今あなたが
月に数万円程度
パチンコで負けてしまっているようなら、
パチンコに勝つようになると
車”程度”なら
パチンコの収入で
購入することが可能となります。

「この車を(パチンコの収入で)買いたい」などと
目標を持つこともいいでしょう。

そうやってモチベーションを保ちつつ
パチンコに勝てるようになっていく
自分を楽しみましょう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

パチンコで負けるためにアルバイトをする人

私の知り合いに
”昼間建設現場で働いて”
”夜コンビニでバイトをする”
働き者
がいます。

昼間の仕事内容を聞く限りでは
相当体力的に厳しいように感じます。

その上で夜になれば
厳しいと言われている
”いい気分”なコンビニで
アルバイトをしているのですから
ものすごく大変かと思います。

でもその人は
そのことについて
何一つ文句を言わない
強い人です。

パチンコ店で5万円負けた

そのはたから見て
「すごくまじめな人」が
”休みの日”に
「パチンコ店で5万円負けた」といいながら
アルバイトに行きました。

ことしはP店で
勝てないらしいです。

まあそもそも
私の中ではP店は
良くないパチンコ店のひとつ
でしたので、
P店に行く行為自体が
”負けに行くようなもの”じゃないかとは
思っているところですが。

で、その本人は
自らがパチンコが下手である
自覚もあるようです。

ま、P店を選択している時点で
自ら”下手くそを公言しているようなもの”なので、
まあ本当に下手くそなんでしょう。

で、
朝から晩までめしも食わずに
5万円もパチンコに費やしてしまったようです。

一か月のバイト代が
一日にして吹っ飛んでしまいました。

もったいない

これでは、
「パチンコに負けるために
アルバイトをしている」ようなもので、
超もったいないですね。

仮にバイト代と
パチンコの負けが
プラスマイナス0だったにしても
もったいない
です。

アルバイトは当然時給制なので
時間を消耗しますし、
パチンコに負けている最中も
時間を消費しています。

人生に与えられた時間が
日本人の場合平均80年程度、
長い人は100年とかありますが
短い人では60年とか
さらに短い人もいます。

そんな貴重な
”人生の一部”を浪費して
パチンコとバイトでチャラこいていたら
すごくもったいないですよね。

だってその人、
少なくとも私よりは
”仕事ができる人”なので
余計にもったいない
と思いますよ。

私なんて
大して仕事ができないし、
頭もそんなに良くないですし(笑)

そんな中、
私より優れた人材が
そういうふうに
”人生を浪費”しているもんだから
世の中不思議です。

ほかの趣味を見つけよう

この人の場合、
パチンコじゃない
”ほかの趣味”を見つけた方が
余程いいでしょうね。

そうすればもしかしたら
アルバイトをしなくても
全然いけるんじゃないかと思いますね。

建設現場じゃ
重機のオペレータとかもしているので
そこそこ給料もいいでしょうし。

そしたら時間的にも
体力的にも余裕ができて
”さらに楽しい人生”を
エンジョイできるんじゃないでしょうかね。

運動とかしたほうがいいかもしんないですし、
旅行でもいいかもしんない。

本当はパチンコで勝てた方がいいんでしょうが、
そこそこきつしですし
時間もそれなりに使いますので
こちらも大変ですし。

まあ切り替えて
パチンコに勝ちたいのなら
私のお話だけでも
”勝つための方法”は
身に着くと思いますが、
本人に”その気”がないなら
どうしようもないので
静観しているのであります。

まとめ

今回のお話は
なんだか愚痴っぽくなってしまいましたが、
パチンコで負けることはお金を失うだけでなく
限られた人生の時間も浪費するので
非常にもったいない行為
だと思います。

確かにパチンコでも
”そこそこ有意義な時間”を過ごすことができますが、
ほかにもっといいことも
世の中にはたくさんありますので、
一度そのあたりを
考えなおしてもいいんじゃないでしょうか?

もちろんパチンコで勝ちたいというのなら
私も微力ながら協力しますし、
そこは当てにしていただいて
まったく問題ないです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

でんパチくん

私が初めて”まともに”パチンコを打ったのは
「はじめてのパチンコ」でもお話した通り
奥村遊機の「マジカルランプ」でした。

しかも、そのときに
ワケが分からないうちに
千円が五千円になるという勝利を
獲得しました。

だもんで、
パチンコにハマることとなりました。

しかし”まともじゃない”(?)パチンコも含めると、
「マジカルランプ」ではなくて
(おもちゃパチンコの)
「でんパチくん」でした。

でんパチくん

「でんパチくん」は
私が小学生でまだかわいかったはずのころに
おもちゃとして存在した
パチンコ台でした。

ちゃんと玉を打ち出しして
その玉が”特定の箇所”に入賞すると、
出玉を表すようなプレートがずれて
出玉を表現して、
その出玉(?)が一杯になると
”打ち止め”になって
打てなくなる、
そういうものでした。

そし打ち止めになった後も
まだ遊びたいときには、
「出玉リセットボタン」で
出玉表示をリセットすることで
再び遊ぶことができました。

確か動力は、
乾電池だった
ように記憶しています。

しかしながら、
「でんパチくん」を
販売していたメーカーさんが
どうしても思い出せませんでした。

意外だった、「でんパチくん」のメーカー

「でんパチくん」を販売していたメーカーが
思い出せないばかりでなく
思い出せそうもなかった私は
今日になって(笑)
ヤフーでググってみました。

おもちゃのパチンコなんだし、
バンダイさんとか
タカラさんとか
”おもちゃメーカー”が
出てくるかと思いきや、
出てきたのは
意外なメーカーさんでした。

それが
「学研」さんでした。

学研さんといえば
子供向けの科学雑誌などを手掛ける
教材メーカーのイメージが強いので、
パチンコのおもちゃ「でんパチくん」を
手掛けていたことは
かなり意外でした。

よくわかんないけど、
何かしらの教育的な何かが
あったのかもしんないですね(?)

「でんパチくん」で遊ばなくなった、私

バカみたいに毎日、
今じゃ高齢になった
おじいちゃんがうちに泊まりに来た時にも
遊んでいたほど
好きだった「でんパチくん」ですが、
ついに遊ばなくなる日が来ました。

というより、
遊”べなく”なったといったほうが
正しい
ですね(汗)

毎日何回も
”打ち止め”にして、
その都度リセットしてた
「でんパチくん」の
リセットボタンが
利かなくなってしまい、
”打ち止め”の状態が
解除できなくなってしまったために
再び打ち出すことが
できなくなってしまいました

なんども
リセットボタンを押しても効かないし、
父親など”大人”に見てもらっても
解決することは
ありませんでした。

私はこうして、
半ばいきなし
「でんパチくん」で遊ぶことが
できないようになってしまいました。

「大きな古時計」の歌詞ぐらい
悲しい気持ちになったことは
鮮明に覚えています。

以上が
「でんパチくん」についての
お話でした。

追伸

「でんパチくん」について
お話している間、
なぜか「ロボピッチャ」も
思い出してしまった
(笑)

あれも
懐かしいね。

追伸2

「でんパチくん」を
ヤフーでググったとき、
ヤフオクの情報が出てきました。

買えるみたいですね。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

パチンコの抽選方式のおさらい

今さらながら
パチンコの抽選方式について
お話していきましょう。

パチンコの抽選方式を
きちんと理解していないと、
正しいパチンコの勝ち方を聞いても理解できないでしょうし、
実際に安定して勝つことは難しいでしょう。

パチンコの当たりに関しての誤った情報

パチンコの当たり方といいますか
抽選方式については
打ち手の理解が乏しいだけなく、
”間違えている情報”が
あたかも”正しい情報”かのように
市民権を得てしまっています。

店長のボタンがある

いわゆる遠隔操作のお話ですよね(笑)

遠隔操作自体、
お店側のリスクが相当ですし
やらないと思います。

なおかつ店長さんが
ちまちまモニターを見ながら
”特定のお客さん”を狙い打つほど
暇人じゃないと思います。

で、遠隔操作の論理を展開する人ほど
”パチンコが下手くそ”なので、
むしろ本当に遠隔が可能だったとしても
あんたのようなヘボは遠隔する必要ないから大丈夫です」と
安心させてあげたいですね(笑)

パチンコは特定の回転数で当たりやすい

パチンコは特定の回転数で当たりやすいとか
ハマっているから当たりやすいとか
けっこう言われていますが
なかなかそんなことはないでしょう。

パチスロのように
小役を引いてたりして特定の挙動が出現したときに
”モード変更”したりすれば
そういうこともあるんでしょうが、
現在のパチンコの規則ですと
そういうことを仕込むのは
難しいでしょうね。

パチンコの抽選方式のおさらい

まあ私のお話を聞いているあなたには
まさに”釈迦に説教”でしょうが、
パチンコの抽選方式について
おさらいしてみましょう。

ここで”大きな勘違い”をしていると
正しい情報を仕入れて
実行していくにしても
何のためにしているのか分からないので
攻略情報が空を切りやすいですし、
謝った情報を妄信しやすくなってしまいます。

なので、
以前にもどこかで
似たようなお話をしてましたが
もう一回
おさらいの意味で
お話していきましょう。

完全確率方式

完全確率方式というのは、
「確率が同じであれば、展開や打ち手に関わらず、確率は同じ」
ということですね。

確率変動のときは
特定の図柄(確変図柄)で大当りを獲得しているので
文字通り確率が変動していますが、
それ以外のときは
”確率”は”全部一緒”
です。

ハマったり連チャンしたり
打ち手が変わったからといって
確率が変わって
当たりやすくなったり
ハマりやっすくなったりは
しないです。

全ては”その瞬間の引き”に
集約されます。

確率そのものには
パチンコ店や店長(笑)に
介入の余地はなく、
お店側としても
そんな”リスキーで非効率なこと”を
しているほど
暇じゃないです。

暇つぶしにパチンコをしている
被害妄想の大きいひとのように
暇じゃないです。

結局確率って
確変中などの”特殊な状態”のときを除いて
いつも一緒なのです。

当たったはずれたなんてのも
”結果論”ですし、
結果論で話をするぶんには
いくらでも情報操作ができてしまうでしょうね。

で、そういった結果論で
お話をしている人に申し上げておきたいのは、
「結局それでトータル収支がどうなっているのか、その結果をまず受け止めなさい」
ということですね。

よくパチンコ(や、パチスロ)で負けた人が
「やられた」なんて言っているのを
耳にしますが、
そんなことはない
でしょう。

勝手にてめーで
パチンコ屋さんに行って、
勝手にてめーで
お金を使って、
勝手にてめーで
負けているだけです

パチンコ店側に強制されて
無理やり財布を引っ張り出されて
脅されてパチンコをしているわけではないので、
別になにも”やられて”はないのです。

でも、
そういう被害妄想が
普通に蔓延しているのも
面白いっちゃ面白いのですが。

だってそのおかげで、
正しい情報を知っているだけで
少し勝ちやすくなってしまうのですから、
”被害妄想野郎”には
むしろ感謝するべきでしょう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。