2017年 10月 の投稿一覧

年末のパチンコに向けて

なんでもそうですが、
パチンコにおいても年末というのは
一年の集大成的な、
その一年を決めてしまうようなものであるといっても
言い過ぎじゃないでしょうね。

確かに12月の収支の加算をもって
その一年の収支が最終決定されるので、
けっこう重要な月でもあります。

年末のパチンコの勝ちやすさ

年末のパチンコの勝ちやすさとしては、
正直勝ちにくいんじゃないかと思いますね。

理由としては
年末には「おボーナス」が支給される人もいるので、
それに合わせてパチンコ店としても”ほしがる”し、
おボーナスをもらって懐が温まり
気持ちが大きくなっている”おめでたい人”が
パチンコ店にもたくさんいるので
我々のように”普段からいるような人”の
選択肢が少なくなってしまう、、、
というのが理由であります。

かといって勝てないかというかと
無論そんなことはなく、
年末独特の高揚感や忙しい雰囲気に飲まれなければ
全然イケる
と思います。

個人的には
「年末パチンコ」は
得意であります。

メリークリスマス

クリスマスが近づいて来ると、
パチンコ店の美男美女店員が
サンタクロースやトナカイなどのコスプレで
出迎えてくれます。

”そういう趣味”の人には
たまらない時期
となります(笑)

ちなみに
”残念な用紙”のひとも、オッサン店員も
コスプレしていたりしているので
気をつけてください(笑)

年末パチンコの立ち回り

年末パチンコの特徴は
”ほぼ以上”なので、
そこにさえ注意をしていれば
基本ができているあなたなら
容易にプラス収支を収めることができる
でしょう。

美男美女に惑わされず(笑)
少ない選択肢の中から
自分にとって”ベター”な方法を
選択したい
ところです。

でもここで注意いしないといけないのは
そこで”ベスト”を求めてしまうと
身動きが取れなくなっちゃうっぽい
ところですかね。

選択肢が少ないので”ベスト”を求めちゃうと
打つ台が無くなってしまうことも
あるでしょうね。

まあ、
”ベスト”を貫いて
実現できれば
最強
ですけど。

まとめ

私には御縁のないお話ですが
年末は「おボーナス」が出るので、
パチンコ店としても
虎視眈々と狙ってくる
でしょう。

なので少しばかり
ベースは低いと思います。
本当に少し、でしょうけど。

また年末は
お客さんが増える時期のひとつなので、
選択肢が減る時期
でもあります。

なので
無理に
”ベスト”な選択を求めて
がんじがらめになるよりも
”ベター”な選択を
続けられるようにしたほうが
年末はいいかもしんない

です。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

パチンコは”ネカセ”が利いている台で打ちたい

パチンコ台は多かれ少なかれ
”ネカセ”が利いています。

どうしてイチイチそんなことを言うのかというと、
パチンコ台のネカセが
勝ちやすさに大いに関係している
からです。

なので今まで意識していなかったあなたも
”ネカセ”を意識していくことで
勝ちやすいパチンコに
少し近づくことができるでしょう。

「ネカセ」とは?

一見すると垂直に設置されている
パチンコの台ですが、
実際は若干斜めに設置されています。

打ち手のほうから見て
”向こう側”に幾~らか傾いているので、
「きわめて垂直に近いピンボール」のように
なっていると考えれば
イメージしやすいかもしんないです。

パチンコ台が垂直ではなく
若干斜めに設置されている理由としては、
パチンコの台を若干倒すことによって
パチンコの玉が表側のガラスに当たりずらくなることで
”騒音が少なくなったり”
”玉の動きが良くなったり”
というような効果がある

言われています。

ネカセが”利いて”いる

パチンコ台の傾きが
より傾いていることを
「ネカセが利いている」
「寝ている」

などといい、
垂直に近い方に傾いていることを
「ネカセが利いていない」
「起きている」

などといいます。

なんでそういう言い方をするのかというと、
冒頭でも言いましたが
「パチンコの攻略要素に大いに関係している」
からです。

要するに
”ネカセの”度合いで
その台が勝ちやすくなったり
その台が勝ちにくくなったり、
そういうことが起こります。

それを分かりやすく表現するためか、
そういうふうに言うようになっています。

ネカセの攻略要素

ネカセによって玉の動きが
変わることは少し言いましたが、
その差が一番現れるのが
「ステージ」と
「役物」
でしょうね。

一般的にはネカセが”寝ている”ほうが
より勝ちやすい台といわれていますが、
機種によっては”起きている”ほうが
勝ちやすいものも少ないですがあります。

代表的なものとして
いわゆる”「海タイプ」のステージ”は
ステージ奥の穴に入ることで
ヘソ入賞をサポートするような
形状をしているので、
ネカセが利いているほうがいいと
言われていますし、
実際に私の体験上も
そうであると思います。

まあ一般的には
ネカセが利いていたほうがいいとはいっても
機種によって異なるので、
今打っている機種(の、ステージ)が
ネカセが利いていたほうがいいのか
その逆にネカセが利いていないほうがいいのか
考えながら稼働していくと
”パチンコ脳”も鍛えられるし
いいんじゃないでしょうか
ね。

そんでもネカセが利いていたほうが
いいことがほとんどですが。

まとめ

パチンコ台は垂直ではなく
わずかに傾いています。

で、その傾き具合によって
勝ちやすさ勝ちにくさが出てくるので、
同時に攻略要素にもなりえます。

一般的には
ネカセが利いているほうが
勝ちやすい台になりやすいですが、
例外的に逆に起きているほうが勝ちやすい”機種”もあるので
考えながら稼働しましょう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

”ゴト師”の”仕事”

あなたは「ゴト師」と聞くと、
どういう印象を
持ちますか?

まあ、
不正な手段で
出玉を獲得している
イメージだけがあるので、
良いイメージはないでしょう。

もちろん
犯罪行為を使用している場合もありますし、
ほめられたものではないでしょう。

で、私は先日
(とはいっても数か月前w)
「”ゴト師”をしていた王さん(当然、仮名)」と
お話をする機会がありまして、
ゴト師の”実情の一端”を伺うことができましたので
ここに発表しようというのが
今回のお話であります。

「ゴト師」って?

ゴト師が
パチンコ(またはパチスロ)に対して
直接行う行為は、
何かしらの道具を用いて
台に誤作動等を起こして
不正に出玉を獲得
することです。

その器具特有の
特殊な打ち方を必要とするので、
実戦前に練習が必要でしょうね。

昔のパチンコ攻略雑誌などに広告として載っていた
「体感器攻略」が
有名なものになりますね。

体感器は体感器で
使用できるようになるまでに
練習が必要でしょうね。

ちなみに私が好きだった
「マジカルランプ」も
体感器による攻略に遭い
消えていってしまったというような
残念な情報もあります。

ゴト師は本当に簡単に出玉を獲得するのか?

ゴト師が
ゴトをするための道具を獲得して
その活用法を身に付けてしまえば、
ゴト師が出玉を獲得すること自体は
おそらく容易
でしょう。

実際私がお話を伺った王さん(仮名)も
そこ自体は簡単なふうに
お話していました。

「ゴト師」は儲かるのか?

ゴト師は
出玉を獲得すること自体は
一定の要件をクリアしてしまえば
簡単なことですので、
儲かることは儲かるでしょう。

しかし”何かしらのコミュニティ”に
加入しているゴト師は、
コミュニティから”アガリ”を
徴収されるので
「そこまで儲かってはいない」というのが
現状でしょう。

しかもゴト師は
パチンコ店を転々としないと
絶対無理でしょうし、
1店舗当たりの稼働時間も
そう多くはできないでしょうから
(目立ちすぎるので)
余程頑張らないと
売上も立たないでしょうね。

なのでリスクを考えたら
そんなに儲かってはいないでしょう。

「ゴト師」のリスク

ゴト師は
パチンコ店の監視の目を
かいくぐる必要があります。

なぜならば、
法に触れるような
犯罪行為を使用していたりすることもあるので
見つかることでそのまま
警察のご厄介になることに
なってしまうからです。

そういったリスクを冒しながら
ゴト師は活動しているので、
もしゴト行為が”見つかったり”
”見つかりそうになったとき”には、
「道なき道」を
”全力疾走”で
逃げたりしないといけない
ようです。

私がお話を伺った王さん(仮名)も
一度”畦道”を
逃げ回ったことがあるようです。

「ゴト師」の弱点

ゴト師は
ゴト行為が露見してしまうことを
恐れています。

パチンコ店・店員のみならず
ほかのお客さんの目も
気にしながら活動
しています。

なので我々のような
普通の(?)打ち手の目も
大いに気にしているでしょうね。

なので私たちが
変な人はいないか
監視をしていくことで
ゴト師たちは
活動していくことが難しくなるでしょう。

まとめ

当たり前ですが、
ゴト行為は犯罪チックなので
お薦めしない
です。

しかもお店の売り上げを
不正にいじくるので
私たちの”取り分”が
減っていってしまいます。

ただゴト師たちは
”ほかの人たちの目”が
とても気になっているので、
みんなで気を付けて監視することで
ゴト師たちが
活動しにくくなる
でしょうから
注意していきましょう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

パチンコに負けると、外国にお金が流れます

私たちが
パチンコに負けてしまったときのお金って
どこに行ってしまうのでしょうか?

その負け金額の大部分は、
・従業員の賃金
・光熱費・通信費等
・勝った人への還元
・各種税金
そのあたりに使われているのは
まあ分かります。

しかし私たちが負けてしまったときに
失ってしまったお金の一部がわが国にとどまらず
外国に流れていってしまっている
というのは、
もしかしたらあなたが知らない事実かもしんないです。

じゃあどうして、
負け金の一部が
わが国を離れることに
なってしまうのでしょうか?

今回は
そんなお話を
していきます。

経営者が外国人のパチンコチェーンが多い

パチンコって
(パチスロも、ですが)
日本独特の文化(?)
です。

世界的に見ても
停電が少ないなどの理由で
パチンコ店が増殖したのでしょう。

ですので意外に思うかもしんないですが、
パチンコ系の企業は
外国人の経営者が非常に多い
です。
(割合として)

なのでパチンコ店って
外資系が多いです。

無論そういう人(外国人)が
収入を得れば、
祖国に送金
するでしょう。

農業などに従事している
外国人研修生たちと同じです。

また逆に日本人が
海外に単身赴任したときには
日本に送金しますね。

なので外国人が経営者なら
至極当然のお話であります。

日本で事業をする人に融資されやすいシステムがある

日本人から見て
外国にあたる国の中には、
”日本で事業をしている人”や
”日本で事業をしようとしている人”に
融資しやすいようなシステムが
構築されている国がある
模様です。

まあ、対象国が
日本に限らないのかもしんないですが
銀行が絡んでいる以上、
ある程度の国の関与が
あるでしょう
ね。

で、その当該国の銀行から
日本(などの外国)で事業をしてもらう人から
利息を受け取ることで
外貨を獲得できるような仕組みなのでしょう。

その銀行はもちろん
”その国の銀行”なので
日本から海外に向かって
お金が流れるというわけです。

どこの国にお金が流れていくのか?

私たちの”負け金額”の一部が
海外に流出してしまう仕組みについては
お分かりいただけたでしょうか?

んで、分かったところで
”どこの国”にお金が流れているのか
少し気になるところです。

ことさらパチンコ系に限りますと、
”キムチ”や”竹島問題”で有名な
「あの国」の関与が
大きい
模様です。

確かにパチンコの大手チェーンの
社長だか会長に収まる人は
”そういうような名前”をしています。

パチンコに勝つことが、わが国の国益につながります

パチンコに負けてしまうと
海外に資金が流出してしまうので、
パチンコに負けないようにすることで
資金の流失が抑えられるので
わが国にとっては
国益となりえます。

政治的なお話を押し付けるつもりはありませんが
日本人として生まれた以上、
パチンコぐらいは勝って
国に利益をもたらしつつ
自分も潤いましょう
(笑)

今回は
以上であります。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」の勝ちやすさ

今年度(2017年度)も
「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」が
開催されますねー。

今年は11月17日金曜日から
11月19日の日曜日にかけての
3日間の開催
となります。

今回で第27回を数えるようです。
すっかり定着した
”イベント”であります。

私も少なくとも
5回は参加していますね。
私のパチンコ率を考えれば
少ないように思いますが(笑)

今のパチンコ店は
”表立った”イベントが
できなくなってしまったので
(コッソリそれっぽいことはしているように思いますがw)
パチンコファンとしては期待したい
”イベント”
でしょう。

で、その
”全国パチンコ・パチスロファン感謝デー”が
勝ちやすいのかどうか、
今回はそのことについて
お話していこうかと思います。

全国パチンコ・パチスロファン感謝デー

あなたがもしご存知ないようでしたら
仕方がないので一応説明してきますが、
「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」は
年1回どこかの週末の数日間に開催されます。

で、その期間中に
”パチンコ店内で稼働中”のお客様に
1日数回配られる
くじを引いてもらい
テレビ等豪華賞品が当たる

そんなものです。

くじを引くには
店内のいずれかの台にて
稼働している必要があります。

稼働していないといけない

全国パチンコ・パチスロファン感謝デーの
くじを引くための条件としては、
稼働中であることが条件
になります。

でも、そのくじの時間が
いつになるか分からないので
お客さんも
ダラダラ打ってしまいます。

目の前の台が
”打てるレベル以上”の台なら
問題ないのですが、
打ちたくもないような台の場合
結構な損失になります。

なので私たちは
”ダラダラ打ち”をしないように努めないといけません。

実際、台の調整はどうなのか?

では
「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」での
パチンコ店側の台の調整は
どうなんでしょうか?

ファン感謝デーなのだから
出玉にも”感謝感”を
反映してもらいたい
のですが
いかがでしょうか?

で、私の住んでいる
茨城県の県央地域に限った話に
なってしまいますが、
少なくとも”ファン感謝デー”は
出玉では感謝の意を表していないようです。

んで、
某元パチンコ店長のお話を引用すると
「ファン感謝デーは、数十年続く”年に1度の全国的な回収の日”
なんて言われています。
恐ろしいことこの上ないですね。

全国パチンコ・パチスロファン感謝デーの、私の実績

全国パチンコ・パチスロファン感謝デーに
5回以上参加している
私の実績ですが、
くじには当たったことがないです。

1日数回、
1開催10回程度
くじを引くこともありましたが、
その程度じゃ当たらないくらい
確率が低いです。

加えて私の知人に
範囲を広げても、
当たった人を聞いたことがないので
本当にくじに当たりがあるのかが
疑わしいところでもあります

また
全国パチンコ・パチスロファン感謝デー開催中の
私のパチンコの成績ですが、
驚いたことに勝ちがないです。

個人的に誕生日や元日も
成績が悪い私ですが、
それよりも成績が悪いのには
ビックリです。

さっき言ったような
”ダラダラ打ち”をしてしまったようなことも
確かにありますが、
勝ち星がないのは
極端ともいえるでしょう。

試行回数が5回ほどなので
偏りかもしんないですが(笑)

まとめ

「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」は
くじの確率が非常に低いので
くじには固執しない方がいいでしょう。

また出玉の期待も薄い
”もしかしたら回収”なので
気を付けて掛かりたいところです。

くじに気を取られて
ダラダラパチンコを打ち続けるくらいなら、
テレビを普通に購入したほうが早いでしょうね(笑)

少なくとも
出玉での還元には
期待しないで
くださいね。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

1日勝負のパチンコで”めし抜き”はしないほうがいいと思う

あくまで個人的な意見ですが、
1日勝負のパチンコの場合
めしは食ったほうがいい
でしょう。

食事で台を離れるときにも
”食事休憩札”を借りることで
台をキープできる
ので、
そのシステムを
積極的に利用したほうがいいでしょう。

パフォーマンスが下がらないように

食事休憩を取ったほうがいいと思う
理由としては、
”パチンコのパフォーマンス”が
下がらないようにするというのが
一番の理由
になります。

パチンコしていると
座りっぱなしですし、
その間じゅう
ストロークに気を使いながら
止め打ちを必要に応じて
していかないといけない
です。

極端な集中力は
余程のことがない限り必要ないですが、
一定以上の集中力を
キープし続けないと、
パフォーマンス的に落ちやすいです。

なので食事休憩は
取ったほうがいいというのが
私の主張であります。

食事休憩のタイミング

あくまでこちらは
オカルティックですが(笑)
食事休憩のタイミングとしては
”連チャン中”などには
避けたほうがいい
でしょう。

あなたも経験があるかもしんないですが、
連チャン中とか数珠連中とかに席を離れると
なんだか連チャンが途切れちゃうような
気がしませんか?

よくスポーツとかでも
流れを変えるために
”タイム”を取ったりしているので、
あながち間違えてはいないでしょう。

なので食事休憩を取るタイミングとしては
連チャンが止まったときであったり
ハマりの最中が
いいような気がします。

パチンコ店の飲食ブースが、結構おいしい

昔のパチンコ店の飲食ブースといえば、
駅の立ち食いソバのなり損ないみたいな
そば・うどん店が、
申し訳程度にあったような感じでした。

しかし今じゃ
さまざまな食事が楽しめるように
なっています。
(まあまだ、立ち食いそば風の飲食ブースも健在ですが)

で、パチンコ店によっては
結構おいしい食事を提供してくれる
ので
嬉しい誤算であります。

パチンコ店グルメ(?)を
気分転換がてら
体験してみるのも
いいかもしんないですね。

ただパチンコ店の飲食コーナーは
量の割には
価格が高いようにも思いますが、
背に腹は代えられないので
しょうがないような気もします。

まとめ

パチンコのパフォーマンス維持のためにも
食事休憩を取ることは重要です。

確かに時間的には
もったいないような気もしますが、
パフォーマンス低下した長時間稼働は
無意味であります。

食事を我慢するあまりに
集中力が乱れたり
体力的に足りなくなってしまい、
必要な止め打ちができなくなったりしては
元も子もないでしょう。

ま、食事を摂らなくても
本当にパフォーマンスが下がらないのなら
それもいいでしょうが、
せっかく食事コーナーが
パチンコ店にあるのだから
いっぺん利用してみるのもいいでしょう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

パチンコの”ワンパッキー勝負”が意外に経済的だったお話

現在のパチンコって
台ごとに
”紙のお金”を入れることができるところがあって、
千円札から一万円札まで
全ての紙幣を
”座りながら”挿入することができます。

なので一度人気が出てしまったような
パチンコ店なら、
設置するだけで
お客さんが勝手に来て
お客さんが勝手に
”福沢諭吉さん”を
ガンガン投入
していってくださいます。

そう考えると、
恐ろしい光景ですよね。

そもそもCR機

パチンコのCR機ってそもそも
カードリーダーの頭文字をとって
CRとなっているので、
元々はパッキーカードや
ジャッキーカードというものを購入して
そのカードを台のわきのところに差し込んで
ボタンで玉を借りるものでした。

で、そのパッキーカード等の額面は
3000円のものが主流で、
5000円などのものもありました。

で、今と違って
そのカードの残高が
無くなってしまったときには、
お客さんは一度席を立って
もう一度カードを
購入しないと、
続けて遊戯することが
できない
というものでした。

今のパチンコって
”座ったまま”で
”福沢諭吉さん”を
”連続投入できる”から
恐ろしい
でよね。

ワンパッキー勝負

で、その頃の
パチンコ店が”ちゃんと”
パッキーカード等を運用していたころに
私がよく使用していた作戦(?)が、
「ワンパッキー勝負」です。

ワンパッキー勝負は
読んで字のごとく
”3000円のパッキーカードを購入して、
その範囲で当たらなければ、帰る”という
シンプルなものでした。

今みたいに
座りながら紙幣を連続投入できなかったので、
もっかいカードを購入するタイミングで
そのまま帰ってしまおう
というものです。

当時の私の感覚にしても
当時のCR機の確率は
”鬼”だったので、
そうやって逃げる口実が
欲しかったのかもしんないです。

確かに今思い返してみても、
当時の「CR大工の源さん」の
438.5分の1とかって
恐ろしい確率
ですね。

パチンコは超下手くそでしたが
当時のその”確率”の感覚だけが
正しかったことは
ほめてあげたいです(笑)

どっこい現代パチンコは恐ろしい

何回も繰り返してお話していますが、
現代パチンコの
”福沢諭吉さんが、座りながら連続投入できる”システムは
超恐ろしいですね。

昔は現金機でさえ
”500円玉に両替するため”に
ちょくちょく席を立たないといけなかった。
CR機もイチイチ毎回のように
カードを購入しないといけなかった。

だからそのたびに
一回気持ちをリセット
することができました。

なのに今では
座りながら”半永久的”みたいに
遊戯を継続できてしまうので、
リセットの機会が奪われて
ズルズル打ち続けてしまうような
そんなパチンコになってきてしまっているよう
に思います。

その点において
現代パチンコは
恐ろしいですね。

まとめ

現代パチンコは
”福沢諭吉さん”を
”座りながら連続投入”できる
恐ろしいシステムを
採用
しています。

昔のように
席を離れての
”両替”が必要だったり
”カード購入”が必要なほうが
面倒はあれ、
その時に一度気持ちを
切り替えられたので
良かった
ように思いますね。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

回らないパチンコは、勝てないしツマラナイ

パチンコを打つからには
楽しみたいし、
できれば勝ちたいじゃないですか。

だったら回る台を打つべきです。

回らない台は
勝てないだけでなく、
楽しむうえでも
不利益になるので
避けるのがいいでしょう。

今回は、
回らない台を打つことが
いかにクダラナイ事かを
力説できればと思います。

回らない台は、勝てない

回らない台は
勝ちにくいと感じる人が
多いように思うでしょうが、
そんな人は”惜しい”です。

ハッキリ言いまして、
回らない台は
勝てないです。

回らない台でも
たまに引きがいいときに
連チャンとかして
収支的にはその瞬間”だけ”
浮くことがありますが、
仕事量的にはマイナスですし
稼働を増やして
試行回数を増やしていくと
”回らない台ばかり”を
打っていたら
トータル収支で
必ずマイナスこきます。

なので一瞬の引きによる
単発のプラス収支は
勝ったことになりません。

結局回らない台は
どうあがいても
期待値がマイナス
ですので、
「回らない台は勝てない」と
断言することができます。

回らない台は、ツマラナイ

回らない台でも
当たれば楽しいって
ほざく人がいますが、
そんなのは
「回る台を探せない人」の
”言い訳”にしか聞こえないですね。

だって普通に考えて
”回らない台”よりは
”回る台”のほうが
当たりを引く確率は
大きくなる
でしょう。

なのに
”回らなくても大丈夫”みたいな
おかしな考え方が
普通にまかり通っているのが
変な世界だと思いませんか?

で、回らない台は
当たり前ですが
”保留が切れやすい”ので
超ツマンナイです。

ヒドク回らない台ですと
デジタル表示画面が消えて
”デモ画面”が出てくるものだから、
ストレスは最高潮です。

お金を使いながら、
どうしてパチンコ台の
デモ画面を見なくては
ならないのでしょうか?

リーチが掛かる台が良い、というガセネタ

確かに
ほとんどの大当りに至るには
リーチを経由することが
ほとんどですが、
だからといって
やたらとリーチが掛かればいいってものでもないでしょう。

しかも今のパチンコの台って
”保留が少ないほど、リーチが掛かりやすい”
ように作られている
ので、
リーチが多いことは
回っていないことになりますので
歓迎しかねます。

それに
”ハズレリーチ”ばかり掛かっても
少なくとも面白くはない
と思います。

試してれば分かりますが、
保留が3個以下にならないほど回る台で稼働すると
”本当にムダリーチが掛からない”ので
一度そういう台を打つといいでしょう。

まとめ

パチンコの”回らない台”は
勝てない上に
ツマラナイです。

なのでパチンコを
”楽しみたいだけ”の人でも
回る台を探しながら打つことを
したほうがいいんじゃないかな、と
私は思いますが、
いかがでしょうか?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

パチンコに勝っている人が”必ず”おこなっていること

パチンコに勝っている人が
必ずといっていいほど
していること
があります。

パチンコに勝っている人で
”それ”をしている人は
おそらく相当な割合で
いるでしょうし、
逆に負けてしまっている人は
”それ”をしていない割合が
相当多いように感じられます。

質問です

さてここで、
あなたに一つの質問をします。

あなたのパチンコは
今月、今年と
いくらの収支になっているでしょうか?

正確に答えられるようであれば
ひとまずはオッケーですが、
大体このぐらい(だろう)とか
分からない、なんて言うようですと
結構ヤバめでしょうね。

パチンコの勝ち組は、正確に記録をする

先ほどの質問の
意図するところは、
あなたが正確に
収支を付けているのかを
確認するためのものでした。

収支を正確に付けているだけで
パチンコには勝ちやすくなります
し、
パチプロの中にも
収支”だけ”を付けている人も
いるほどです。

本当は収支の他にも
回転率などを
記録したほうがいいでしょうが、
最初は大変でしょうから
収支だけでも
正確に記録したいところです。

収支を付けると、パチンコに勝ちやすくなる理由

収支を付けると
パチンコに勝ちやすくなるということは
先ほども言いましたが、
それにはきちんとした
理由があります。

収支を付けると当然ながら
ちゃんとした収支が
数字になって表れるので、
自分の結果が
客観的にも把握
できます。

なので、
自分の収支を通して
自分のパチンコを
見つめなおすことができて、
今後のパチンコに
活かすことができるようになります。

そうすれば、
自然と改善を重ねることになるので
収支が上がってくるというわけです。

というより、
収支結果が悪いまま
収支を取り続けることは
少なくとも私には耐えがたい
苦痛を伴います。

だから、
収支を付けることで
改善していって
収支をあげるしかなくなり、
結果徐々に勝てるようになる
ということです。

曖昧な収支記録は、意味がない

収支に関して、
何となくこのぐらいという考え方は
しないほうがいい
でしょう。

センスがいい人なら
それでも”合っている”のかもしんないですが、
それでも”実際の収支”と比べると
若干以上のズレはあるでしょう。

なので、そんないい加減なものでは
検証のしようがないので、
パチンコが改善されずに
収支も上がっていかない
でしょう。

まとめ

もしあなたがパチンコに勝てていなくて
収支を正確に付けていないようなら、
まず最初にすべきことは
”正確に”収支を付けること
でしょう。

そうすることで
パチンコを改善するしかなくなるので、
結果として収支が
上向いていくことでしょう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。

夜勤しているあなたが、してはいけないパチンコ

私のお話の時間帯が
中途半端な夜に多いので、
もしかしたらあなたは
夜に働いている人
なのかもしれないですね。

私も工場で
夜勤をしていた時期がありますので
夜働くことの大変さは
理解しています。

確かに同じことをして
昼間の人よりお給料はいいでしょうが、
それ以上の身体にかかる負担は
一番つらいところ
でしょう。

で、そういう激務に耐えながらも
パチンコをしたいわけですが、
なかなか時間を確保するのは
難しい状況にあります。

今回は、そんな中で
してはいけないパチンコのことを
お話していきましょう。

夜勤時に、私が犯した過ち

先ほどもお話しましたが、
私は過去に夜勤者として
工場に働いていたことがあります。

勤務時間中にずっと、
同じ部品をひたすら
1日何千個も
取り付け続けていました。

おんなじ作業も
1年程度続ければ
目をつむりながらでも
取り付けられるようになりました(笑)
(いい子は真似しないでねw)

で、中毒なので夜勤しながらでも
パチンコは打ちたいですし、
勤務時間が終わったときに
ちょうどパチンコ店が
開店
するわけです。(笑)

そこで私が
やらかしたわけです。

終業後、パチンコ店に直行(笑)

夜勤を終了した私は、
そのままパチンコ店に行きました。

まだ仕事が終わったばかりなので
頭は冴えていました。

今はなくなってしまったパチンコ店ですが、
当時いつも通っていた
パチンコ店に直行しました(笑)

座った台は優秀台でした

そしてその時、座った台が
”滅多に座れないほどの”優秀台でした。

普通のパチンコの勝ち方のセオリーからすれば
当然”全ツッパ”なので、
私も全ツッパしました。

そして、そのまま夜勤へ

全ツッパを敢行した私は、
勤務時間が近づいてきてしまったので、
そのまま会社に向かい
仕事をしました(笑)

お風呂に入っていないので
汚いですし、
普通にバカです。

そして仕事中に、

仕事に入った私は
いつものように
同じ部品を
ひたすら取りつけ続けました。

でもその最中に、
”頻繁に”意識が飛びました。

倒れたりとかはしませんでしたが、
かなり”ヤバい”状態
でしたね。

本当にアホなことをしました。

過去にも

今言った話の前にも、
ガソリンスタンドで
アルバイトをしていた時期にも、
バイトして
キャ〇クラ行って
そのままバイトして

同じように
飛んだことがあります。

目は開いている(はず)のに、
脳みそが機能していない
そんな変な感じを
味わいました。

今思えば、
命にかかわるほど危険な行為を
何回も”自ら”
選択していた
ですね。

まとめ

確かに、
基本的なパチンコの勝ち方だけを考えれば
優秀台に座ったときには
”全ツッパ”が定石
ですが、
「パチプロになる覚悟がないならパチンコを理由に仕事を休むな」でもお話した通り
「本業があって、その仕事のパフォーマンスを下げてしまうようなパチンコなら」
しないほうがいい
でしょう。

場合によっては
あなたの身に
危険が及ぶでしょうし、
風水的な何かしらの考え方で
運気も下がるでしょうし。

なので今あなたが夜勤していて
仕事に影響を及ぼすほど
パチンコをしているようでしたら
”パチンコとのかかわり方”を
考えなおしていくとよい
でしょう。

両方のパフォーマンスが下がっている状態では
なにもいいことがないですから。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

当ブログ「パチンコめし」は
「にほんブログ村」に参加しています。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村
↑  ↑  ↑
いつもクリックによる応援ありがとうございます。
おかげさまでご好評をいただいています。